株式会社いすゞ中央研究所イスズチュウオウケンキュウショ

株式会社いすゞ中央研究所

いすゞグループ/研究・開発(機械・電気・電子情報工学)
業種 自動車
輸送機器/機械/半導体・電子部品・その他/情報処理
本社 神奈川
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

エネルギー技術研究
下沢 智啓
【出身】九州工業大学大学院  工学部 機械知能工学研究科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 AIを駆使したデータ分析で今までにない付加価値を生み出す
今の時代はIT業界だけでなく自動車会社も車両を取り巻く様々なデータを使って開発・生産の効率化、ニーズにマッチした商品開発、そしてこれまでにない新しいサービス・付加価値創造を進めることが重要です。私はそれらのデータ分析の実施やデータ授受を可能にするIoT技術の研究開発を行っています。
データ分析については、いすゞのトラックで今取れるデータを活かして車の故障を未然に防ぐための故障分析や車の使われ方分析などの実施といすゞ全体の技術力向上、IoTアイテムの研究開発では今後のいすゞのトラックのさらなる付加価値向上に必要なデータを集める為のIoTアイテム、システムの実証試験などを行っています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
データ分析により、今までにない知見が得られたとき
いすゞ中央研究所では各研究員が研究テーマを企画し、リーダーとして研究を進めることが出来ます。私の現在の業務もそれまでにない研究分野でしたが、方向性や必要性を説明し、研究を開始することができました。このように、きちんと説明することが出来れば研究員が自発的に考えた内容で研究を進めることが出来る点が魅力です。
さらにそのように始めたデータ分析ではエンジンや車両の設計、商品の企画など広範囲の仕事に携わることが出来、その中でこれまでのエンジニアリング的知見や実験では得られなかった知見が得られ、担当者から驚きや感謝の言葉を得られたときにこの仕事にやりがいを感じます。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 商品化につながる研究開発に携わることができる
志望動機は、企業の研究機関で商品開発の為の研究というものを学びたいと思ったからです。
学生時代には航空宇宙機の誘導制御の研究をしており、その制御技術を活かせる仕事を考えた時に、特にトラックは私たちの身近で動くものの中で最も大きく、そのようなものを安全安心かつ、低コスト、低環境負荷で動かすにはまだまだたくさんのチャレンジ要素があると感じました。
さらに生活に必要な物流を支える為に必須なアイテムであるため、サービスとの連携領域も広範囲であると感じてトラックのいすゞを選びました。
 
これまでのキャリア 研究開発(8年目)

この仕事のポイント

職種系統 応用研究・技術開発
仕事の中身 生活基盤や社会インフラを作り上げる仕事
仕事のスタイル 自分の仕事を自分で決めていく仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 新しいモノを生み出す力が身につく仕事
特に向いている性格 常に新しいものに敏感な人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

昨今、業種の垣根が低くなっている中で、学生時代の専門に囚われず様々な業種を調べると、自分の能力を活かせる場所が思いがけない業種にあるかもしれません。

株式会社いすゞ中央研究所の先輩社員

将来のディーゼルエンジン性能向上技術の研究開発

エンジンシステム研究
大橋 伸匡
横浜国立大学 工学部 システム統合工学専攻

限定地域自動運転のための要素技術研究

車両研究
吉野 恭司
早稲田大学 先進理工学部 電気・情報生命工学科

実験や数値計算を用いたシミュレーションによるディーゼルエンジンの研究

エンジンシステム研究
三田 拓朗
東海大学 工学研究科

トラックの安全支援装置の研究開発

車両研究
深沢
横浜国立大学 機械システム工学コース

制御技術を燃費向上に活かす

エネルギー技術研究
矢作
北海道大学大学院 人間機械デザインシステム専攻

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる