アドバンスソフト株式会社アドバンスソフト
業種 ソフトウェア
情報処理/コンサルタント・専門コンサルタント
本社 東京

先輩社員にインタビュー

社員B
【出身】東京大学大学院  理学系研究科物理学専攻 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 ナノ材料解析ソフトウェアの開発、GUI開発、受託開発
自社で開発している第一原理計算ソフトウェアや、オープンソースのナノ材料解析ソフトウェアを使いやすくするためのGUI製品に対して、改良や機能追加を行っています。依頼を受けて物理シミュレーションソフトウェア関連の開発を行うこともあります。(物性)物理学とコンピューターを両輪として仕事を進めていきます。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
業務で計算物理の知識が身に付く
大学院では物性実験の研究をしており、計算物理については体系的な知識は持っておらず、必要な時に参照する対象という認識でした。またプログラミングについても、趣味ではやっていましたが、大きな開発をしたことはありませんでした。業務の中で、計算物理やプログラミングを使っていくことで、持っている知識を肉付けしていくことができます。自分で調べながらでも良いですし、社外のセミナーを受けることもできますし、もちろん社内の人に聞くこともできます。計算物理についても、ソフトウェア開発技術についても、信頼できる能力を持った人々を擁する環境です。また、自分の関わっているソフトウェアを使った研究成果が学術論文等で発表されるのも、嬉しい点です。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 興味が湧く業務内容と確かな技術力
当初はソフトウェア関連の職に就くことは考えていませんでしたが、求人情報を眺めているときに物理シミュレーションの会社ということで目に留まりました。博士の採用を敬遠する会社も多いといわれる中、博士の採用に積極的であるということも魅力でした。会社説明会では、第一原理計算や分子動力学法を使ったこれまでの受託解析の例の紹介があり、その内容に興味が湧きました。また、第一原理計算ソフトウェアの開発を自社で行っているということで、確かな技術力を持っていることが確信できました。
 
これまでのキャリア (現職・今年で1年目)

この仕事のポイント

仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 上質のサービスや商品に接し、知識・教養が深まる仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

「好きな仕事ならどんな環境でも続けられる」というのは常に成り立つわけではありません。良い環境でこそ、好きな仕事が心置きなくできる、ということもあります。環境や待遇を軽視しないようにすることをお勧めします。

アドバンスソフト株式会社の先輩社員

3次元半導体デバイスシミュレーションソフトウェアTCADの開発

社員A
東北大学 大学院・工学研究科

原子力関連分野のシミュレーションコードの開発

第4事業部
社員C
山口大学 工学部

計算科学シミュレーションソフトウェアのパッケージ運営、受託開発・解析。

第1事業部
社員D
明治大学大学院 理工学研究科電気工学専攻

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる