川元建設株式会社
カワモトケンセツ
2023
業種
建設
本社
北海道

私たちはこんな事業をしています

私たちは、トンネル工事や橋梁工事を専門に請け負う建設会社です。本社は北海道函館市に構えておりますが、日本全国のトンネルや橋梁を施工した豊富な実績があります。トンネル工事や橋梁工事は特殊な技術が必要ですが、常に先端の工法を導入し、高品質な工事を施工。さまざまな工法への対応力や技術力の高さから、大手ゼネコンの信頼を獲得し、安定して工事をご依頼いただいています。

当社の魅力はここ!!

企業理念

「人の手で人を大切にした人のためのものづくり」で社会に貢献

1940年の創業から80年以上の歴史を誇る当社では、「人間力」が大切だと考えます。大掛かりなプロジェクトとなることが多いトンネル工事や橋梁工事では、たくさんの機械を使って工事を進めますが、機械をどのように動かすか、工事をどう進めるのかを決めるのは人間です。そのため現場では、現場で働く人や周辺に住む人など多くの人への安全に責任を持ち、管理を徹底する人間的な温かさを重視。そして、社員の技術向上へのサポートと技術の継承で社員の成長を支援し、企業としての成長も目指します。また、お客さまのニーズに応えること、自然との調和を図ることを意識した事業活動で、社会に豊かさを提供し、貢献したいと考えています。

技術力・開発力

先進技術に対応「トンネルと橋梁の川元建設」と言われるまでに

トンネル工事と橋梁工事のプロ集団である当社。トンネル工事では120カ所以上、橋梁では230カ所以上の工事実績を誇ります。どちらも工法や技術が次々と開発され、効率化が進んでいる分野です。そのため、常に最先端の工法や専用の機械をいち早く導入。トンネル工事でも橋梁工事でも、現場に合った工法で工事を進めなければなりませんが、当社はどのような工法にも対応できる技術があります。そして、それらの工法を理解したうえで、どのように工事を進めると効率的か、もっとよい方法はないかといった工夫を各現場で実行。確かな品質の工事を行ってきたことから、現在では「トンネルと橋梁の川元建設」と言われるまでになりました。

社風・風土

和気あいあいとした雰囲気で、まるで家族のよう

トンネル工事や橋梁工事は長期間に及ぶこともよくあるため、現場関係者は寄宿舎で生活します。プライベートな空間は確保されているため自由に過ごせますが、基本は集団生活です。現場でも寄宿舎でも和気あいあいとしており、まるで家族のような雰囲気に。コミュニケーションを図る機会も多く、チームワークも抜群です。また、当社では、人材育成に注力しています。そのため、しっかりと技術指導やサポートを実施。資格取得についても支援しているため、土木施工管理技士だけでなくさまざまな資格を持つ社員がたくさん活躍しています。資格を取得すると、手当の支給があり、チャレンジする社員が多数。仕事を通して成長できる環境です。

会社データ

事業内容 トンネル工事の施工・管理
PC橋梁工事の施工・管理
シールド工事の施工・管理
一般土木工事の施工・管理
設立 1965年5月
資本金 4800万円
従業員数 245名(2021年4月時点)
売上高 46億7000万円(2020年)
代表者 代表取締役社長  川元 正和
事業所 【本 社】
北海道函館市美原4丁目5番10号
【札幌支店】
北海道札幌市中央区大通東2丁目3 第36桂和ビル6F 9号室
沿革 1940年9月  創業
1958年7月  建設業登録取得
1965年5月  川元土建株式会社設立
1969年11月  川元建設株式会社に社名変更
ホームページ http://kawamoto-c.jp/
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)