株式会社LIONAリオナ

株式会社LIONA

ゲーム/3DCG/アート・ビジュアル/音楽
業種 ゲームソフト
ソフトウェア/インターネット関連/ゲーム・アミューズメント機器/広告
本社 東京
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

CG部 アニメーター
K.M
【出身】ECCコンピューター専門学校  CGデザインコース/3DCG専攻 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 ゲームのアニメーション業務に携わっています。
私の仕事は、ゲームのキャラクターに動きを付ける仕事です。ゲームごとにプロジェクトが立ち、プランナーとコンセプトや仕様を共有しながら、決められた時間内に、一定の動きを収めていきます。例えば、「敵のボスキャラが攻撃を受け、倒れるシーンを5秒で」という設定があった時、倒れ方の動きを作り時間内に収めていくのですが、ゲームプランナーのイメージと制作したものとのギャップを埋めていくのが難しいですね。入社前は、自分の思ったように3DでCGを作って、自分が満足すればよかった。でも、仕事ではそういうわけにはいきません。ゲームプランナーとのやりとりで、ユーザー視点というものの大事さを痛感しました。
いろんな試行錯誤やセッションを重ね、作品が完成した時の安堵と達成感は、何度プロジェクトを重ねても変わらず訪れます。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
入社数か月で任された、あの有名なゲームのプロジェクト
入社数か月の研修の途中で、先輩から「キャラクターの動き付けてみる?」と、大きなプロジェクトのアニメーションを任せていただきました。それは「エヴァンゲリオンバトルフィールズ」。喜びもつかの間、一つのシーンを提出するとプランナーの高い要望がすぐにフィードバックされて…、1で出したら5で戻ってきて、7で出したら10で要望が戻ってくる。しばらくそのやりとりをくりかえし、なんとか完成にたどり着いた時の達成感は今でも忘れられないですね。そしてゲームがリリースされ、SNSなどにコメントが上がったのを先輩から聞いたとき、やっと自分が作ったんだという実感と喜びが湧いてきました。
今思えば衝撃的なデビューでしたが、最初から大きな仕事でプロの厳しさを体感できたことで、もっとレベルを上げたいという気持ちが強くなりました。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 少数精鋭の会社だからこそ、自分を磨ける環境がある。
少数精鋭って、その一人一人が高い意識と力をもってないと成り立たないんですよね。私はもともとクリエーターとしてゲーム業界で働くことをイメージしてたので、社会に出たらどんどんいい作品を作っていきたいと考えていました。面接の時にお会いした社員の方もまったく同じことを言っていたのがとても印象的で、「ここが自分の居場所だ」と思い、一気に志望度が高まりました。
そういう意識も技術も高い方たちの間近で、一緒に仕事ができれば、自分をもっと成長させられるとも思いました。
さらに、ちゃんと話を聞いてくれ、返してくれるようないい人が多いのも魅力でしたね。
入社3年目の今は、どんどん技術を極めていきたい!という気持ちがさらに強くなり、求められた以上のレベルのものを作ろうと、日々楽しみながら仕事をしています。
 
これまでのキャリア 2019年4月新卒入社 → CG部 アニメーター(現職)

この仕事のポイント

職種系統 デザイナー
仕事の中身 生活にプラスアルファな喜びや潤いを提供していく仕事
仕事のスタイル 目標をきちんと予定通り進めることが必要な仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 新しいモノを生み出す力が身につく仕事
特に向いている性格 何事にも粘り強さで勝負する人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

もし、自分のやりたいことが明確なら、まずは説明会など企業との接点をできるだけ多く作るべきだと思います。そして、自分の想いを志望の会社にしっかりと伝えることも大事です。
でもまだ、自分のやりたいことがぼんやりしているなら、「好きなもの」、「熱中できること」をまずは見つけ、学校や先輩の話を聞いたり、ネットで情報収集したり、自分の殻に閉じこもらず、どんどん活動してみましょう。
加えて、面接などでは働く方たちの雰囲気を感じることも大事ですね。

株式会社LIONAの先輩社員

真面目に、くだらないことにこだわる仕事。

CG部 デザイナー
M.T
武蔵野美術大学 造形学部 油絵学科

ゲームのプロジェクト全体のマネジメント業務に携わっています。

企画部 プロジェクトマネジャー/アシスタントディレクター
M.T
武蔵野美術大学 造形学部 デザイン情報学科

ゲームの“楽しさ”を形づくる、『インゲーム』のロジック構築を担当。

クライアント開発部 クライアントエンジニア
A.I
東京ゲームデザイナー学院 ゲームデザイナー養成講座

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる