カントーカセイ株式会社カントーカセイ

カントーカセイ株式会社

電子材料メーカー
業種 化学
家電・AV機器/精密機器/半導体・電子部品・その他/商社(化学製品)
本社 東京
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

販売技術部
持丸 穂
【年収】非公開
これが私の仕事 いち早く、最適な製品を
カントーカセイの扱う潤滑剤は、副資材と呼ばれ、樹脂やモーターの様なメインの部品とは、異なる、いわば、縁の下の力持ちの様な存在です。それが、故に、お客様の製品量産間近になって、潤滑剤が必要になったり、潤滑剤の変更が余技なくされたりするケースが多々あります。そのため営業は、常にアンテナを張り、生きた情報/ニーズを得て、適切な製品を提案できる事が求められます。私は、入社歴が短いため、過去の事例など知らない事を、先輩方に相談して、自分なりに考え提案につなげています。そういった意味では、お客様の話を真摯になって聞ける事、社内の詳しい人に相談するなどのチームプレーの意識は、大事かもしれません。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
準備×実践=自信
私たちが行う営業は法人営業と呼ばれ、お客様の会社に伺い、設計の方と打ち合わせをするのが主流ですが、時には講習会と呼ばれる自社製品の発表/プレゼンする機会もあります。その際は50人近くのお客様の前でスライドを使って説明します。
私が入社一年目の時、先輩の担当するお客様で講習会をするとの事で準備を手伝わせて貰う機会がありました。デモグッズの準備から、自分が発表する箇所の勉強や話し方の練習などを繰り返し行い、本番に臨みました。当日は、もの凄く緊張しましたが、無事講習会を終える事が出来ました。後日先輩から「お客様から持丸さんの発表は聞き取りやすく、内容もわかりやすかった」と伝え聞き、非常に嬉しく思ったのを今でも覚えています。
しっかり準備して、結果が出たとき。「だからこの仕事が好き」と思える瞬間です。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 無限の可能性
私自身、人と話すのが好きで将来は、営業で色々な人と関わりながら、人に喜ばれる仕事がしたいと考え営業を志望していました。その上で、何を売るかと考えていたときに、潤滑剤というものに出会いました。潤滑剤は、身の回りの家電製品、自動車、玩具、医療機器など幅広い業界でなくてはならない物として使用されているため、色々な業界、設計の方に営業できる楽しみと、会社として、リスクヘッジができると考えたからです。現在、お客様の工場の多くは、海外にあるため、海外に行って海外の人と仕事をする機会もあります。
 
これまでのキャリア 販売技術部

この仕事のポイント

仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 企業を相手に商談を行う仕事
仕事で身につくもの 新しい動きに敏感になり、幅広い知識が身につく仕事
特に向いている性格 誰とでも親しくなれる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

ご覧になってくださっている皆様と、もし、ご縁がありましたら、一緒に成長し、日本メーカーとしての誇りを胸に仕事ができたらと思います。ご精読ありがとうございました。

カントーカセイ株式会社の先輩社員

電子材料の提案営業

販売技術部
齊藤 渉

営業アシスタントリーダーとして

営業アシスタント  係長
藤原 千紗
[指向タイプ]堅実なサポート役

機転を利かせる

営業アシスタント/秘書室
牧野 朱莉

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる