株式会社ホープ ホープ

株式会社ホープ 

【東証マザーズ上場】自治体に特化したサービス会社
  • 株式公開
業種 広告
出版/その他サービス/電力・電気/各種ビジネスサービス
本社 福岡
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

人事部人事課
山崎(29歳)
【出身】北九州市立大学 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 結果を出すことは大前提
「結果を出すのは当たり前」の基準。
仕事において私が大事にしている姿勢です。対価として給料をもらっている以上、結果を出すことは大前提。最低限の使命だと考えています。自分のやりたい仕事や成長機会はその上で成り立つものです。その上で大事にしているのは、ホープの行動指針にもありますが、「向上心を忘れない」こと。ステップアップするにつれて自分の新たな課題を見つけては、成長につなげていく。終わりのないゲームでステージクリアを繰り返す感覚で仕事を楽しんでいます。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
自治体から必要とされる事業につながったこと
自治体との協同発行事業については、新規事業の時から携わらせてもらいました。
当時、異動した時は実績も未だ少なく、自治体に電話で断られることが殆どでした。何度も出張に向かい、地道に実績を積み重ねていくにつれ、自治体からの問合せを多くいただけるようになり、今や年間800冊を超える情報誌を世に発行することができています。自分たちがつくった実績が、自治体から必要とされる事業につながったことにやりがいを感じています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 自分とのギャップに成長の可能性を感じた
入社したきっかけは2つです。「1年で3年分の成長を」と掲げるホープを見て、そこで成長したいという思い。そして就活生である私たち一人ひとりに向き合ってくれる社員の姿。それを見て入社を決めました。学生時代は自分に自信が無かったんです。ホープの説明会に参加したとき、社員の人が語ってる姿はキラキラしてた。正直自分にとっては眩しすぎて気が引けたことを覚えています。今振り返ると、自分とのギャップに成長の可能性を感じて逆に惹かれたのかなとも思ってます。
 
これまでのキャリア 2014 入社、セールスプロモーション部
2015 メディアクリエーション部、主任昇進
2016 係長昇進
2017 課長昇進
2018 自治体コンサルティング部、係長降格
2019 地方協創事業部 支社
2020 人事部人事課

この仕事のポイント

職種系統 人事・労務
仕事の中身 イキイキした地域社会をつくっていく仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 企業を相手に商談を行う仕事
仕事で身につくもの 顧客の嗜好を洞察する力が身につく仕事
特に向いている性格 信念を持って物事に取組むことのできる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

まずはできる限り数多くの企業を見てほしいです。
色んな業種や働き方を知ることで、本当に自分が大切にしたい軸が見つかるはずです。学生時代の経験だけで、本当に自分がやりたいことを見つけられる人、どんな会社で働きたいか考えられる人ってそんなにいないんじゃないかなと思います。やりたいことが分からない人はまず行動してみてください。既に業種を絞っている人も制限せずに色んな企業を見てみても良いのではないかと思います。
悔いの残らない就活を!

株式会社ホープ の先輩社員

「責任者」であり「変革者」であり「教育者」であること

地方協創事業部 執行役員
安藤
九州大学

自治体の向こう側にいる住民に幸せを。

ジチタイワークス事業部 プランニング課 マガジン編集室 編集長
宮崎

未完成の会社で、僕は自分の「ありたい姿」を体現していく

事業開発室
齊藤
九州大学

自治体と企業を繋ぐサポート

ジチタイワークス事業部 ビジネス開発室
種子田

社員の幸せについて大真面目に考える

人事部人事課 課長
植田
神戸学院大学

苦しさや辛さは1度も感じたことが無い

事業開発室
松本
日本経済大学

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる