高藤建設株式会社タカフジケンセツ
業種 建設
建築設計/建設コンサルタント/住宅/不動産
本社 福岡
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

設備技術部
佐藤 崇史(23歳)
【出身】日本文理大学  工学部 機械電気工学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 自分たちの生活に必要な電気や水を施工管理する仕事!
私たち設技術部の仕事は、建設途中の電気・空調・給排水が図面通り納まっているかの確認、今まで建てた建物のご利用者からのエアコンの修理や電気器具の取替などです。
建設だけでなく、電気、空調、給排水まで一貫してできる企業は少なく、当社の強みです。
私がこの仕事をするにあたって大事にしていることは、分からないことはすぐに上司や職人さんに聞くこと、必ずメモを取ることです。空調や給排水に関して分からないことが多く、職人や上司によく質問します。分からないことはそのままにせず、必ず解決するようにしています。
一度した質問や学んだことは必ず自分の知識、経験として覚えておくためにメモは欠かせません。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
入社して初めての現場で建物が竣工したこと
私が入社して初めて行った現場は、私が入社する2ヶ月前から始まった場所だったので、比較的最初から現場を見ることが出来ました。設備技術部に配属ですが、当社入社後最初の3ヶ月は建築部として現場に出ていました。建築に関する知識が何も無かったので、右も左も分からない状態でした。測量機の名前も使用方法も分からず、専門用語や図面の見方を知らない私を、現場の先輩や上司は自分の仕事が忙しいにも関わらず、私に色々なことを教えてくれました。その中で私は何回も、迷惑を掛けてしまい怒られることも多々ありましたが、建物が徐々に建ち、外観が完成した時、自分がこんな大きな物を建てているのだなと思いました。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 募集学科外だった自分に対し、丁寧に対応してくれたから
私が高藤建設に入社したのは、私もリクナビを見て興味を持ったからです。
私がリクナビを見ていた時の募集要項には、建築の単位取得者とありました。
私は電気系の単位しか持っていなかったのですが、説明会の際に募集要項の単位の事を相談し、設備技術部として大丈夫だと言われ、私が今いる部署や他の部署の説明をして貰いました。
募集学科外の自分に対し、丁寧に対応してくださる社員方の姿を見て、一緒に働いてみたいと感じました。
 
これまでのキャリア 建築(1年間)→設備(現職・今年で1年目)

この仕事のポイント

職種系統 施工管理
仕事で身につくもの 客観的に整理・分析する能力が身につく仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

私からの就職活動のアドバイスですが、これから沢山行われる合同企業説明会には積極的に参加して下さい。それは会社ホームページやリクナビに載っている情報だけでなく、
直接説明に来られている企業の方の話しを聞き、自分が思ったことを質問してください。
質問することで新しく得られる情報はたくさんあります。
ぜひ積極的に気になる企業の社員の方と話しをしてみてください。

高藤建設株式会社の先輩社員

人と人とのつながりを大切にしながら、監督主任として現場をまとめること!

建設部建築グループ
長野 雄一
西日本工業工業大学 工学部建築学科
[指向タイプ]人を巻き込むコーディネーター

自分の関わった建物が地図に残る仕事!

建設部建築グループ
國本 忠史
九州職業能力開発大学校 応用課程 建築施工システム技術化
[指向タイプ]共創を求めるチームワーカー

施工管理:工事現場で着工~竣工までの管理を行っています。

建設部
匿名
西日本工業大学 デザイン学部建築学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる