全国農業協同組合連合会ゼンコクノウギョウキョウドウクミアイレンゴウカイ
業種 団体・連合会
商社(総合)/商社(食料品)/農林/食品
本社 東京
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

山形県本部 消費地販売部 総合販売課
酒井 公貴
【出身】日本大学  国際関係学部 国際ビジネス情報学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 山形県産のお米を販売推進、PR!
山形県産米の販売推進・県産米PR活動が主な業務になります。山形県産米の販売推進業務については、取引先である商社・卸・実需者と商談を行い、コンビニエンスストア・外食チェーン店などの業務用の提案と、スーパーマーケットなどの量販店向けの提案を行っています。具体的な商談内容としては価格、数量、輸送手段などの交渉に加え、契約条件の確認など様々です。県産米PR活動については、広告代理店やイベント会社と協力し、山形県産米のイベントを企画・運営しています。具体的には、全国のイベントにブースを出店し、山形県産米の試食・店頭販売などPR活動を行います。様々な業界の方々と一緒に仕事をする機会が多い部所なので「人との繋がり」を大切にしながら日々業務に励んでいます。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
自分の契約した秋田県産米が、コンビニで売られていた!!
嬉しかったことは、自分が契約した山形県産米がコンビニエンスストアやスーパーマーケットで販売・使用されている時です。山形県産米が販売・使用されているのを目にすると、山形県産米を消費者までお届けしたという達成感と山形県の農業に少し貢献できたことに嬉しさが湧いてきます。また、PRイベントなどで消費者から「山形のお米はおいしい」と言われた時は自分のことのように嬉しくなります。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 農家さんの想いを、全国へ、そして世界に伝えたい
生きていく上で基盤となるのが「食」であり、その根本となる「農業」を元気にしたいという強い思いがありました。私自身、小さい頃から山形県の農畜産物を食べてここまで健康に育つことができました。その山形県の農畜産物に恩返しをしたいと思ったのが最初のきっかけです。私の実家でも農業を営んでおり、小さい頃から農業に触れ合い野菜一つ作るのにも大変手間が掛かることを知り農業においての苦労を感じました。農家の方々は消費者へ「安心・安全でおいしいものを届けたい」という思いで毎日汗水流し農作業を行っています。山形県の農畜産物の魅力を日本全国にそして世界に伝えていきたい、農家さんの「想い」を届けたいという思いからJA全農を志望しました。
 
これまでのキャリア 東京営業所 県産米販売室(2年)→消費地販売部 総合販売課(現職4年)

この仕事のポイント

職種系統 営業(企業向け・新規開拓中心)
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 機敏なフットワークと行動力が必要な仕事
仕事でかかわる人 企業を相手に商談を行う仕事
仕事で身につくもの プレゼンテーション能力が身につく仕事
特に向いている性格 人前で話すことが得意な人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就職活動で無駄なことは一つも無いと思います。たくさん考えて行動に移すことが後で必ず活きてくると思います。頑張って下さい!

全国農業協同組合連合会の先輩社員

農薬流通に関わる、発注や事務処理など

青森県本部 生産振興部 肥料農薬総合課
岡村 達也
青森公立大学 経営経済学部 経済学科

農家さんの収入を増やしたい!果樹に関する情報発信!

青森県本部 りんご部 りんご課
山形 拓
岩手大学大学院 農学研究科

どの野菜をいつ、どこで、誰に売れば、生産者の手取りが増えるか!?

青森県本部 やさい部 やさい花き課 やさいパッケージセンター
前田 晃良
弘前大学 人文学部

肉牛をより多くの方に、より安心の状態で届ける。

福島県本部 畜産部 畜産販売課
瀬谷 浩晃
専修大学 経済学部 経済学科

日々の送金を中心に、経理業務全般。

福島県本部 管理部 経理システム課
邊見 江理
茨城大学 農学部

県本部の広報を担当。

栃木県本部 管理部 企画管理課
田所 魁人
宇都宮大学 農学部 農業経済学科

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる