本州化学工業株式会社ホンシュウカガクコウギョウ

本州化学工業株式会社

ファインケミカル製品を提供するパイオニアカンパニー
  • 株式公開
業種 化学
石油・石炭/医薬品/半導体・電子部品・その他/自動車
本社 東京
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

総合研究所 機能材料研究グループ
矢島 和尚(25歳)
【出身】東京大学大学院(修士)  工学系研究科 応用化学専攻 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 新規技術により作られた製品候補を実機生産につなげるフォロー
当社保有の既存技術や製品の生産スケールアップや、新規製品につながる反応や物質を、研究(数百mL~数Lスケール)から実機生産(数百~数千L以上)へとフェーズアップする際に、現れる課題や改善すべき点を製造担当部署と話し合い、それらの解決手法を研究側の知見から探索、提案しています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
新規製品の実機試作に携わり、無事に製品が得られたとき
入社直後に私に与えられたテーマは、当社で初めて実機生産へとフェーズアップを行う製品の生産に係る課題解決でした。製造担当部署から提案された課題の検討を一つずつ進めていく中で、これまでの研究では見出されていない結果が現れました。その結果を検証していくと、生産プロセスにおいてトラブル要因となり得る性質であることを発見し、その対応策を製造担当部署へ提案することが出来ました。
このような検討は、大学で行われる研究活動とは趣向が異なりますが、より製品に近い仕事というのは、より製品を使用するユーザーに近い仕事ということでもあります。私の検討が、フェーズアップの結果を左右する可能性もあり、とても重要でやりがいのある仕事でした。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 「創造への挑戦」に惹かれて
大学院まで化学を専攻していたので、化学に関わる仕事をしたいと考えておりました。就職活動を行うなかで、大企業が大型製品開発をする一方で、独自の技術や製品を有する本州化学という会社を知りました。されに調べていくと、非常に歴史のある会社であり、有機化学工業における日本初の偉業や、そこをルーツとするパイオニア精神にあふれ、研究活動が活発な会社であることがわかりました。本州化学の長い歴史の新たなる1ページを作り上げていく中で、私の化学研究の知見や経験をもって、私自身の手で世の中に役に立つものを「創造」したいと思い入社を決めました。
 
これまでのキャリア 入社後1ヶ月の新人教育、1ヶ月の製造現場研修を経て、研究開発(現職・1年目)

この仕事のポイント

職種系統 応用研究・技術開発

先輩からの就職活動アドバイス!

自分の目指す方向性や将来像を見据え、そのための行動を貫くことです。面接官や会社の先輩、上司は自分よりも様々な面で経験豊富なので、意思や方向性がブレているとすぐに壁にぶつかります。上手くいかない時でも、確固たる自分の意思を持ち、それを貫いていくことが、実際に入社した後も大事になります。

本州化学工業株式会社の先輩社員

設計・メンテナンスから運転管理まで

製造部製造第2課長
吉留勲
徳島大学大学院 工学研究科機械工学専攻

コア事業につながる次世代製品の探索

総合研究所 機能材料研究グループ
路 緒旺
東京大学大学院(博士) 工学系研究科化学システム工学専攻

高機能樹脂材料向けの新規モノマーの研究開発を担当

総合研究所 開発研究グループ
岡村 大地
東北大学大学院(博士) 理学研究科 化学専攻

プラント運転の管理。計画作成からトラブル対応まで

製造部
田邊共彦
徳島大学大学院 工学研究科 化学応用工学専攻

工場内の電気・計装

小手川顕司
千葉工業大学 電気工学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる