PwCアドバイザリー合同会社
ピーダブリューシーアドバイザリー
2023
業種
コンサルタント・専門コンサルタント
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

「社会における信頼を構築し、重要な課題を解決する」というPwCのPurpose(存在意義)に基づき、経験豊富なプロフェッショナルがグローバルネットワークを駆使して、クライアントの新たな価値創造に貢献するディールアドバイザリーサービスを提供します。

当社の魅力はここ!!

企業理念

社会における信頼を構築し、重要な課題を解決する。

「社会における信頼を構築し、重要な課題を解決する」というPurpose(存在意義)を掲げるPwCアドバイザリー合同会社には、企業経営を取り巻く複雑な課題を解決し、企業価値向上を実現させるために、経営課題やニーズを理解し、細心の注意を払いながらも大胆な発想ができる、豊富な経験とスキル、そして情熱を持った人材が結集しており、主にM&A・事業再生・インフラの三つの領域でクライアントの皆様へサービスを提供しています。

仕事内容

ビジネスコンサルタント職の仕事内容

M&A、事業再生・再編、インフラ関連の高い専門性をもって、変化する企業の成長戦略の実現を支援します。PwCコンサルティング合同会社をはじめ、監査、税務、法務のスペシャリストを擁するPwCグローバルネットワークと緊密に連携しながら、クライアント企業の価値創造に貢献するサービスを提供します。

社風・風土

「70:20:10」の法則をベースに学びと成長を支援

効果的な学習・成長は、「70%のOJT(実務における経験)と20%のSocial Learning(上司や同僚によるフィードバック)と10%のFormal Learning(従来の研修)」によって構成されると言われます。PwCアドバイザリーでは、この考えのもと、Formal Learningで得た知識を実務の場で積極的に実践し、上司や仲間のアドバイスを受けながらセルフデベロップメントにつなげていけるよう、長期的・継続的なプログラムを整備しています。そのうえで、絶えず自身をアップデートできるよう、PwCが開発したデジタル学習ツールの提供、90以上のコースから選べる語学学校利用補助、各種の資格取得支援など、豊富な学びのコンテンツや選択肢を用意しています。

会社データ

事業内容 PwCアドバイザリー合同会社は、PwCの日本におけるメンバーファームとして、世界155カ国のグローバルネットワークと緊密に連携し、税務、法務、コンサルティング、監査およびアシュアランスとの協働体制のもと、主にM&A、事業再生、インフラの3つの領域でクライアントの皆様へサービスを提供しています。
設立 1999年6月15日
(2016年2月29日、組織変更を行いPwCアドバイザリー合同会社を設立)
資本金 非公開
従業員数 約750名(2020年6月現在)
売上高 非公開
代表者 代表執行役 吉田 あかね
事業所 東京
〒100-0004 東京都千代田区大手町1-1-1 大手町パークビルディング

大阪
〒530-0011 大阪府大阪市北区大深町4‐20 グランフロント大阪 タワー A 36F
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)