学校法人修道学園シュウドウガクエン

学校法人修道学園

広島修道大学
業種 教育関連
本社 広島
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

国際センター
C.M.
【出身】関西外国語大学  外国語学部英米語学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 世界に羽ばたく学生の国際交流の窓口
国際センターでは、学生の海外派遣、海外協定校からの留学生の受入れ・支援、海外協定校との連絡、協定書の締結・改正、インターナショナルハウスの運営、留学プログラムの開発や学内国際交流イベントの企画等、国際交流活動の推進に関わる様々な業務を行っています。現在、新型コロナウイルスの影響を受けて、国際交流を行うことが難しい状況ですが、オンラインでの国際交流イベントの企画や、新しい留学制度の構築に向けて会議の運営等を行い、ポストコロナ時代に向けて準備を進めています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
学生の「成長」と「ありがとう」が仕事の励み
最初に配属された教学センターでは、主に教職課程履修者の指導・支援を行っていました。学生の指導をする上で難しさを感じることもありましたが、学生が成長し、自分の希望する進路に進み、社会に貢献していく姿を見て、学生の将来への道を導く一端を担えたことにやりがいを感じました。卒業する時に、「ありがとうございました」「お世話になりました」と挨拶に来てくれた時は目頭が熱くなりました。
現在配属の国際センターでは、主に学生の海外派遣業務を担当しています。留学前のサポートから、帰国後は振り返りを行い、留学後の成長を確認しています。留学中に切磋琢磨し、色々な価値観に触れ、成長して帰ってきた姿を見ると嬉しく思います。
このように、学生の成長に携われることが大学職員の仕事の醍醐味であると強く感じています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 「学び」の場で人を支える
自身の成長を1番感じることができたのは、大学での「学び」からでした。大学での「学び」を通じて、様々な経験をし、自分の可能性を広げ、成長することができたので、学びの場を通じて人を支えることができる仕事がしたいと考え、採用情報を探していました。その際に出会ったのが「大学職員」の仕事でした。大学職員という仕事を通して、学生それぞれが持っている力を伸ばし、学生の学びを支える仕事に魅力を感じました。また、卒業後は地元である広島で就職し、地域に貢献していきたいという気持ちがあり、本学の教育目標である「地球的視野を持って、地域社会の発展に貢献できる人材の養成」とも合致していたので、学生の学びを支えることで、地域の貢献にもつなげることができるこの仕事は自分に合っていると感じています。
 
これまでのキャリア 教学センター(7年間)→国際センター(現職・今年で3年目)

この仕事のポイント

職種系統 一般事務・営業事務
仕事の中身 人の成長やスキルアップ、キャリアアップをサポートする仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

業種に限らず様々な企業説明会に出席しました。多数の企業を知ることは就職活動の期間でしか経験できない貴重な機会です。説明会に参加することで、自分のやりたいことを再認識する機会となりました。また、説明会では積極的に採用担当者に質問をすることを心がけ、疑問や不安な点を解消するとともに、人前で話すことへの抵抗感を無くしていくことができました。コロナ禍ではありますが、様々なツールを活用して前向きに楽しみながら自信を持って就職活動に励んでください。

学校法人修道学園の先輩社員

大学全体の歩みを支える

学長室総合企画課
Y.T.
広島修道大学 経済科学部現代経済学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる