大和電機産業株式会社
ダイワデンキサンギョウ
2023
業種
重電・産業用電気機器
総合電機(電気・電子機器)/商社(電機・電子・半導体)
本社
新潟、東京

私たちはこんな事業をしています

◆“カタログのない”ものづくり企業◆

当社は配電盤・分電盤・制御盤などを手掛ける電気設備メーカー。
新潟県長岡市に本社を構え、県内全域および関東圏の官公庁、学校、大手民間企業との取引実績があります。
製品はすべてオーダーメイドのため、製品カタログはなく
お客様のニーズに沿ったものづくりとそれを実現する技術力で、確かな信頼を築いています。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

人々の生活を支える!大きな役割をもつ電気設備。

当社が手掛けている「配電盤」や「制御盤」。文系の方にはあまり聞き馴染みのない製品だと思います。しかし、実は私たちの生活と密接に関わっているんですよ。例えば信号機。片方が赤になれば、もう一方が青になる。この動作を制御しているのは「制御盤」。制御盤からの指示通りに赤や青に光るにめには「配電盤」が必要です。この他にもダムや河川の水門、学校やオフィスに置かれた大きなブレーカー、雪国では冬場よく目にする、道路に積もった雪を地面から放水して溶かす消雪装置と呼ばれるシステムなど…。配電盤・制御盤は生活をする上で欠かせない存在。陰ながら地域の生活を支えている存在でもあるんです。

社風・風土

誰もが自分の考えを発信できる会社。

【代表取締役社長:小林】お客様にご満足いただける製品づくりには、お客様に一番近い存在の営業の声をしっかりと社内に届けなければなりません。そしてそれに対してプロの意見を発信しながら完成を目指す設計の存在も必要。もちろん製造現場の意見だって、ものづくりには欠かせません。社員一人ひとりが思ったことを自由に発言でき、各部署が連携して一つの仕事をつくり上げていく。それができる会社を目指しています。社長の私に対しても気負う必要はありません。私は社員みんなの顔と名前を知っていますし、どんな考えを持っているのか、もっと知りたいと思っています。ぜひみなさんも私たちと一緒により良い会社を創っていきましょう。

仕事内容

『盤屋』 誰もが見た事のある製品を作っています。

当社の製品はすべてオーダーメイド。お客様のご要望に沿って、大きさ、形、性能など細かく調整しながらつくり上げます。そのため提案の幅は無限大。ゼロから提案することが可能です。また、設計や組立配線も毎回異なる製品を手掛けることになるため、日々新しいものづくりへに対する挑戦の連続です。もちろん難しさもありますが、それ以上に決まった製品を提案し製造するだけでは味わえない、大きな“やりがい”を感じられるでしょう。興味があれば、十分です。入社後研修やOJT研修にてしっかりと一人前に育てます。一緒にものづくりの面白さを追求していける方をお待ちしています。

会社データ

事業内容 ■キュービクル式受配電設備
■高低圧受配電盤、分電盤および開閉器函
■シーケンサ、タッチパネルおよびN.C搭載制御盤
■CRTおよグラフィック式警報盤・監視盤
■各種機械用制御盤・操作盤および計装配線工事
■上記項目の設計・製作・施工
設立 1974年9月
資本金 4000万円
従業員数 95名
売上高 16億万円(2020年8月実績)
代表者 代表取締役社長 小林 幸夫
事業所 【本社】
新潟県長岡市西陵町221-27

【東京営業所】
東京都台東区東上野1-21-10
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)