熊本県農業協同組合中央会クマモトケンノウギョウキョウドウクミアイチュウオウカイ

熊本県農業協同組合中央会

JA熊本中央会
業種 団体・連合会
コンサルタント・専門コンサルタント/農林
本社 熊本
インターンシップ・1day仕事体験の評価10件~20件
  • 総合評価
  • 4.91 評価点数の画像
  • 評価が高い項目
  • 人事とのやりとり 4.91

先輩社員にインタビュー

JA総合支援部
中村 俊輔(25歳)
【出身】鹿児島大学  法文学部法政策学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 JA経営についての相談対応や調査・分析
JA経営についての相談対応は、若手のうちは電話対応が主です。対面での会話ではないので、相手の伝えたいこと・ニーズを正確にくみ取ることが重要になります。1つ1つの問い合わせを大事にしながら、正確かつ迅速に対応するよう心掛けています。
また、JAグループの仲間であるJAや連合会が農業やくらしに貢献しつづけるため、JAの組合員さんの加入促進、コンプライアンスを遵守する体制づくり、会計・税務・法務の指導なども経営組織部の大事な仕事です。
今後は先輩達のようにJAから指名されて、「現場」で仕事をできる実力をつけたいです!
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
「ありがとう」や「助かった」などのJA職員の方々からの言葉
会計・税務、人事労務管理をはじめ、JAグループという組織上、農協法などなじみのなかった難解な専門用語が飛び交いますが、自分で調べて問題を解決し、感謝の言葉を頂いた時に喜びが感じられ、それが日々の励みになっています。
今はまだ、JAに出向き職員や農家の方々と直接対話する機会は多くはありませんが、業務すべてがわずかながらもJAや農家組合員のためになっていると思いながら、仕事に取り組んでいます。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 幼い頃から身近だった農家と農協の人と一緒に地域発展に寄与したい
私は、地元・熊本を離れて大学生活を送っていました。「熊本の更なる発展に携わりたい」と考え、就職活動をしていました。その中で、幼いころから生活に身近な存在であり、地域を守り、発展させてきた農家や農協の方々とともに働きたいと思うようになりました。その「農業・地域に貢献できる身近な組織」であるJAを指導し、大学時代で得た知識を生かせる中央会は、理想の組織でした。
 
これまでのキャリア 農政営農支援センター(2年) → JA総合支援部(現職・今年で1年目)

この仕事のポイント

仕事の中身 イキイキした地域社会をつくっていく仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
特に向いている性格 ヒトの気持ちを理解し、相手に合わせた対応がとれる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

自分の本当にやりたいことや興味のある分野を明確にし、着飾らず自然体で取り組んでください。

熊本県農業協同組合中央会の先輩社員

県内JAの監査

みのり監査法人出向
藤川 裕史
西南学院大学 法学部法律学科

JA組合員・地域住民の“幸せづくり”、JAファンづくりの支援

農政営農支援センター
本越 奈緒
熊本県立大学 文学部 英語英米文学科

日本の将来を支える農業の担い手づくり

農政営農支援センター
林 恭功
熊本県立大学 総合管理学部 総合管理学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 説明会・イベント予約 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる