株式会社千広チヒロ
業種 福祉・介護
商社(医療機器)/その他商社/教育関連
本社 熊本

先輩社員にインタビュー

セルフサポート事業課 ふぁみさぽここ鹿児島南
山下ゆかり(30歳)
【出身】福岡県立大学  人間社会学部社会福祉学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 未就学児童の発達支援。子どもたち一人ひとりに合わせた支援を計画
就学前の子どもたちの発達をサポートする施設の管理者兼児童発達支援管理責任者として、子どもたちの支援計画の立案、発達状況に合わせた支援計画の見直し、関係機関との連携(統一した支援の提示)などが主な業務です。
子どもたちや、子どもたちを取り巻く環境は一人ひとり違うので、対応の仕方は一人ひとり異なります。一緒に働くスタッフ、時には外部の関係機関から情報を頂きながら、支援内容を試行錯誤し、より良い支援とは何なのか考えています。
日常の中で「できた!」というの喜びの瞬間が一つ一つ増えていくのを、子ども達やご家族と一緒に感じることができる、やりがいのある仕事です。
また事業所の療育の質を上げるため、外部の方に指針を示していただいたりアドバイスを受け、改善を模索しているところです。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
「できた」を一緒に喜び、子ども達やご家族が笑顔で過ごすお手伝い
児童発達支援管理責任者として勤務するようになってまだ2年目ですが、この1年間でたくさんの「できた!」と笑顔に出会えました。通所し始めたばかりのときはお友達との関わりを持てずにいた子がお友達と遊びを共有できたとき、トイレに行くことができなかった子が紙パンツが外れて自分でトイレに行けるようになったとき、など、たくさんの「できた!」を目の当たりにしたときはとても嬉しいです。
また、施設を訪問される保護者の方は不安を抱えておられることが多いので、寄り添いを大切にしています。見学時には不安を抱え表情が曇っていた保護者の方が、お子さんの通所が始まってやり取りを重ねていくうちに少しづつ余裕が生まれ、家族全体で笑顔が増えていったときには嬉しく、やっていてよかったと感じます。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 温かな雰囲気で、子ども達に寄り添った支援ができると感じました。
前職では大人の生活支援をしていたのですが、仕事をする中で幼少期のサポートが大切であることを感じ、子どもの発達をサポートする仕事がしたいと思い、転職先を探していました。当社に面接や施設見学に行った際に、職員の皆さんがいつも笑顔で接してくださり、また子どもたちへの声掛けから、一人ひとりを尊重していることが伝わって、施設全体の雰囲気がとても良く、「ここなら自分の想いと合う」と感じたことが決め手となりました。また、次の事業展開(2店舗目)のための求人募集だったので、経営が安定しているのでは…?と思ったこと、近隣の他事業所に比べて給与が少し高かったことも応募したきっかけでした。
 
これまでのキャリア 前職:障がいのある方のグループホームにて生活支援員(3年)→当社へ転職
当社入社後:
放課後等デイサービスにて児童指導員(1年)→児童発達支援にて管理者兼児童発達支援管理責任者(現職・今年で4年目)

この仕事のポイント

職種系統 社会福祉士
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 子供と接する機会が多い仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

福祉・保育関係で就職される方は、特に職場見学をお勧めします。
施設によって方針は様々ですので、事業所全体の雰囲気や、職員の対応などを目で見て体験し、自分の想いと合っているか確認するといいと思います。後悔のない就職活動をしてください。

株式会社千広の先輩社員

利用顧客の福祉用具メンテナンスやアフターフォロー。

ホームヘルスケア課 営業
吉森 千紘
熊本学園大学 社会福祉学部社会福祉学科

会社の中枢を担う仕事。人事、総務、財務

社長室
堀田 智美
鹿児島国際大学(旧鹿児島経済大学) 社会学部社会福祉学科

児童発達支援の理学療法士

セルフサポート事業課 ふぁみさぽここ水前寺
古里 幸子

お客様の喜ぶ声が原動力です!

ホームヘルスケア課 サポート係
下城 仁

自分が成長できる環境は“ここ”にしかない!

ヘルスサポート事業課 ここぷらす日赤通り
鶴山 史織

利用者様を笑顔にさせることがやりがいです!

藤 智絵美

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる