株式会社鹿田産業
シカダサンギョウ
2023
業種
その他製造
本社
福岡

私たちはこんな事業をしています

当社は大正元年に八女すだれの製造で創業した室内装飾品製造・卸売業の会社です。八女すだれは、八女地域の竹を使用して生産される希少な伝統工芸品です。2014年には福岡県知事指定特産工芸品に認定されました。現在当社は、すだれ製品をはじめ籐製品・天然素材のカーペット、地域の工芸品といった自社ブランドで「鹿田室礼」という空間を創造し、提案する企業をめざしています。

当社の魅力はここ!!

企業理念

すだれの伝統を守り、発信していく

私たちは、「天然素材の心地よさを世界のすみずみへ」という言葉を企業使命として掲げ、日々の業務に取り組んでいます。すだれは日本文化を象徴する伝統工芸品です。長年にわたって日本各地で使用されてきたものですが、現在その国内生産は縮小しています。すだれという伝統を守ること、そしてその価値を国内外に向け発信していくことが私たちの重大な役割です。一方で、当社ではただすだれを広めていくだけでなく、天然素材をあつかう以上「サステナブル」も意識しています。すだれの原材料になる希少品種の竹の植林や荒廃竹林の整備など、持続可能な環境づくりも私たちが目指すべきところだと考えています。

仕事内容

ヨーロッパを中心とした海外営業

私たちは、すだれの魅力を日本国内だけでなく海外にも発信していきたいと思っています。その役割を担うのが海外営業です。海外営業は、天然素材のすだれを建築材として海外に売り込んでいくのが主な仕事となります。最近ではパリで行われた世界最大級のインテリア見本市に出展し、現地で400件以上の顧客情報を獲得するなど、海外からも大きな反響を得ている状況です。今後は海外に進出強度を強めていくことを検討しており、特に海外営業にはフランスやイタリアを中心に顧客のオーダーを聞き、それぞれの国に合った手法によって営業活動を展開してもらいたいと思います。

仕事内容

すだれの製造!会社の根幹を支える重要な仕事

製造職は、当社の根幹となる天然素材を用いたすだれの製造を行っていただきます。ここで作られた製品が国内外で販売されるため、製造職の担う役割は非常に重要です。すだれの製造というと、ある意味で職人ともいえるポジションですが、当社ではすだれを編む作業だけではなく、すだれの昇降機構メカを特許開発するなど、より進化した製品づくりに取り組んでいます。当社が製造した製品を建築家の隈研吾氏に採択されるなど、その技術は十分に評価されていると自負しております。一方で、製造職の発想や技術はこの企業にとって不可欠なものであるため、みなさんの力でさらに磨きをかけてもらいたいと思います。

会社データ

事業内容 室内装飾品卸売業
すだれ製品の製造・修理・販売
籐製品の輸入・修理・販売
ムートン製品の輸入・修理・販売
国産い草製品の仕入・販売
カーペット製品の輸入・販売
筑後地域工芸品の仕入・販売
設立 1967年(創業1912年)
資本金 3,750万円
従業員数 23名(男性18名、女性5名)
※2021年1月時点
売上高 4億8000万円
代表者 代表取締役社長 鹿田 和正
事業所 本社:福岡県八女郡広川町太田428
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)