弁護士法人 鈴木康之法律事務所スズキヤスユキホウリツジムショ
業種 コンサルタント・専門コンサルタント
本社 東京

先輩社員にインタビュー

匿名
【年収】非公開
これが私の仕事 業務構築(事業管理部門)
事業管理部門で業務構築の仕事をしています。人事や営業事務を経て、社内外の仕組みやシステムを学ばせていただいてきました。今まで他部署で学んできたことを活かし、会社や業務にとって、より良いシステムを構築していくお仕事です。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
ちょっとのことでは倒れない大きな背中
私の部署では、上司と部下の距離が近く、本音・本気でぶつかってくれます。もちろん本音・本気でぶつかってくれる分、突き返されてしまった企画の数は山のようにあります。だからこそ、こちらも本気で「次こそは!」と思考の炎を燃やすことができ、「常にベストは何か」と考え続けることができます。その結果、自身の企画や計画に承認をいただき実行できると、安堵と嬉しさと達成感でなんとも表現できない気持ちになります。ぎりぎりまでは任せてくれますが、躓き、立ち止まってしまった時には、必ず手を差し伸べ助けてくれます。その安心感の中、上司に本気で意見をぶつけていける環境があるのは弊所の大きな特徴の1つだと思います。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き たくさんの活躍できる舞台
私は学生時代、体育会の部活に所属していました。大会で良い成績を収められず不完全燃焼のままはじめた就職活動で、社会人という響き自体が途方もなく感じ、自分が何をしたいのかよく分からなくなったことを覚えています。そんな中、「社会人になっても、今までどおり、現役で鍛え続けなさい」というお言葉をいただけたのは、弊所だけでした。修練に行けるように、早帰りしていいともおっしゃっていただけて(笑)これからの社会人としての「私」に期待をしてくださると共に、今までの「私」にまだまだ現役で技術を磨けと背中を押してくださったように感じましたね。色々な人間がいるからこそ、活躍できる舞台がたくさんある弊所。ここでなら社会人として、ひいては1人の人間として大きく飛躍できると感じ、入所を決めました。
 
これまでのキャリア 2018年:研修の一環として、2019年卒新卒採用を担当
      事業管理部門(人事) 配属
2019年:異動(営業事務)
2020年:異動(業務構築)
2021年:今に至る

この仕事のポイント

仕事のスタイル ひとつのプロジェクトを長期間かけて進める仕事
仕事でかかわる人 役員/部長クラスの方とビジネスする仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 大勢の人と協力しながら進めるのが好きな人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就職活動の軸は人によって様々だと思いますが、「数年後に自分はどうなっていたいか」に焦点を当ててみるのはどうでしょうか。決められたキャリアプランをなぞるのではなく、自分で切り拓いていきたい方は弊所に向いていると思います。誰の人生でもない、あなたの人生です。自分に合った環境を手にするのは、結局自分の行動次第。就職活動は、いかに考え行動にうつせるかだと思います。

弁護士法人 鈴木康之法律事務所の先輩社員

パラリーガル(企業法務部門)

匿名

営業事務(事業管理部門)

匿名

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる