茨城電機工業株式会社
イバラキデンキコウギョウ
2023
業種
総合電機(電気・電子機器)
その他製造
本社
茨城

私たちはこんな事業をしています

茨城県日立市に生産拠点を構え、
工場などの電力供給に欠かせない変圧器の設計・製造を行っている当社。

強みは、創業75年という長きにわたり培ってきた技術力。
その技術力を強みに、様々な顧客ニーズに応える製品を生み出し、
電気のインフラを支えています。

今後は海外への進出も視野に入れながら、
ものづくり企業として、高品質な製品を送り出していきます。

当社の魅力はここ!!

戦略・ビジョン

茨城電機が次に目指していく未来

当社の始まりは、1946年。変圧器の修理から事業をスタートし、2021年4月に創業75周年を迎えました。これまでの長い歴史の中、様々な環境の変化を乗り越えてきた当社が大事にしているのは、『ものづくりを通じて、技術(ものづくり)と人材育成で社会に貢献する』こと。この理念に沿ったものづくりを行う中で、持続可能な社会の実現にも寄与できるのではないかと考え、SDGsへも取り組んでいます。そして今後、当社が目標に掲げるのは海外進出。アジアナンバーワンの企業を目指しており、その第一歩としてベトナムへの工場建設を考えています。当社の挑戦はこれから。ものづくり企業としてさらなる高みを目指して、よりよい製品を届けていきます。

事業・商品の特徴

見えないところ私たちの生活を支える、身近な存在

当社が製造しているのは、変圧器という利用する場所に合わせて電圧を変えるための機器。発電所で作られた電気は、電線を通して家やビル等の建物に送られますが、そのままでは電圧が高く使用することは不可能。そこで変圧器を使用し、電圧を変えることで安全に使用できるようにしています。スマホの充電をしたり、掃除機や洗濯機などの電化製品を使ったりという電気の使用が安全に行えているのは、変圧器のおかげ。実は、私たちの生活にとても身近な製品なのです。中でも当社が製造しているのは、大型の工場や地下鉄等で使用される産業用の変圧器。取引先は日立製作所関連の企業様が多く、競合他社が少ない為、様々な依頼に対応しています。

仕事内容

ものづくりの始まりに携われるのが魅力―入社6年目・設計

元々、大学では経済学を学んでいて、入社当時設計の知識は全くありませんでした。そんな私が設計の世界に飛び込んだきっかけは、採用面接で言われた『白黒はっきり言える人を求めている』という一言。設計は、製造の最初の段階であるため、曖昧な部分が残ったまま進めてしまうと工程に遅れが出てしまい、他の部門に迷惑をかけてしまうこともあります。その為、分からないことや疑問に思ったことは経験豊富な上司や先輩に相談するなど、主体的に動き自分の意見を伝えられる力が必要。ものづくりの最初を担うという責任は大きいですが、線路沿いにある変圧器を見ると、自分の仕事が役に立っているんだと誇らしい気持ちになりますね。

会社データ

事業内容 電力用変圧器の設計、製造、修理
設立 1946年6月
資本金 3000万円
従業員数 74名
売上高 15億円(2020年実績)
代表者 代表取締役社長 磯崎 寛也
事業所 茨城県日立市東大沼町1-14-33
主な取引先 株式会社日立製作所
株式会社日立パワーソリューションズ
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)