社会福祉法人素心会ソシンカイ

社会福祉法人素心会

障害児童・知的障害者・発達障害・相談事業・地域福祉・施設福祉
業種 福祉・介護
教育関連/医療関連・医療機関/安全・セキュリティ産業/その他サービス
本社 神奈川
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

地域支援センターそしん
T・H(22歳)
【出身】東北福祉大学  総合福祉学部 社会福祉学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 地域支援センターそしんで働いています。
私は現在地域支援センターそしんで放課後等デイサービスを行っています。知的障害のある子どもや肢体不自由のある子ども等様々な子ども達が放課後そしんに来ます。学校から帰ってきた子ども達が家に帰るまでの間、職員と一緒に季節ごとのイベントや好きな遊びを楽しんでいます。子ども達と楽しく過ごすためにどのような遊びを提供するか、どのように支援していくか等、毎日色々な事を考えながら仕事をしています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
子ども達との関わり合い
子ども達は様々な感性を持っていて、色々な楽しみがあります。子ども達が楽しめる事を見つけたり、一緒に楽しんだりできることが私の嬉しさや仕事のやりがいに繋がっています。子ども達と関わり始めた最初の頃は私も子ども達も慣れない関わりでしたが、次第に子ども達と打ち解けることができたことも嬉しい事の一つです。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 地域に開かれている施設
様々な法人を調べ、説明会に参加していく中で、素心会は歴史があり長年地域に根差しているという話を聞きました。学生の頃から地域に開かれている施設で働きたい、また、地域に開かれている施設が増えるといいのではないかという考えがあったため素心会に興味を持ちました。素心会の法人説明会では年の近い先輩職員の話を聞くことができました。そこでは先輩職員から、興味のある分野についての委員会に入れてもらうことができた、という話を聞くことができました。また、施設の利用者が意見を出し合い職員に要望を出したりする“利用者の会”を行っているという話も聞きました。そこで、職員や利用者の意思、意見が尊重されやすく、一人一人の主体性が考えられている法人だと感じました。このようなことをきっかけに素心会で働いてみたいと感じました。
 
これまでのキャリア 東北福祉大学 総合福祉学部社会福祉学科 卒業
2016年素心会入社

この仕事のポイント

職種系統 社会福祉士
仕事の中身 イキイキした地域社会をつくっていく仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 一般消費者・利用者と接する仕事
仕事で身につくもの 新しいモノを生み出す力が身につく仕事
特に向いている性格 使命感に燃えやすい人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就職活動はたくさんある企業や法人から自分が行きたいところを選んだり採用試験を受けたりと負担になることがたくさんあると思いますが、自分に合った職場を探せるように頑張ってください。説明会や見学を通して自分が働いてみたいと感じるポイントがたくさん見つかると良いのではないかと思います。

社会福祉法人素心会の先輩社員

利用者により良い生活を

素心学院 支援一課
小林一登
文教大学 健康栄養学部

新米相談員 ※27年11月地域支援センター異動。

地域支援センターそしん 相談・児童課
O・K
岩手県立大学 社会福祉学部

支援員としての仕事

地域支援センターそしん
Y・K
専門学校日本デザイナー学院 グラフィックデザイン科

施設に入所されている方達の生活の支援

法人事務局 総務課
笹森俊平
明治大学 法学部

「入所施設の支援員」

素心学院支援二課
秋山華奈
東京音楽大学 音楽学部

「利用者の毎日の生活をサポート」

素心学院 支援1課
高橋篤人
神奈川大学 理学部化学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる