四国電気工業株式会社シコクデンキコウギョウ
業種 電力・電気
建築設計/プラント・エンジニアリング
本社 徳島
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

T . B
【出身】徳島科学技術高等学校  電気科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 お困りごとをヒアリングし、最適な解決策を提示する提案営業です。
電気設備でお困りのお客様を訪問し、ご要望に合った電気設備をご提案する仕事をしています。お客様の企業規模、設備内容は多岐に渡るため、当然お悩み事も多種多様。丁寧なヒアリングを行なうことが、お悩み解決の最適解に繋がります。
私は入社前に電気設備の知識を身につけていましたが、実際に働いてみるとまだまだ知らない専門用語や技術などがあることを実感。現在は先輩について一から知識を教わっています。電気設備の知識のほか、営業に必要不可欠な話術も先輩から教わりました。自分の提案がお客様に理解され、受け入れられるようになることが営業としての第一歩です。
私は営業職ですが、電気工事の現場知識を活かして、契約締結後に現場管理を行なうことも。工事が無事最後まで完結し、お客様の悩みが解消されるとホッとします。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
社内外の意見を調整し、お客様の予想を上回る提案ができたときの達成感。
営業は、お客様が何に一番困っているのか、どれほど深刻か、悩みは今後も続くのか…など、問題を整理することが大切です。お客様が最初に出していた要望をよくヒアリングしていると、問題は別のところにあったり、よりよい改善策を思いついたりすることがあります。お客様の期待を超えた提案をしたとき、お客様が驚きと共に受け入れてくれる瞬間は達成感でいっぱいです。
一方で技術職に無理のない提案をすることも営業の仕事といえます。原価の調整や技術的に可能な範囲などを技術者とすり合わせ、ときには技術職と一緒にお客様のところへ出かけることも。社内と社外の調整役も営業の仕事であり、腕の見せ所です。当社は営業職と技術職の隔たりが全くないため、一丸となって仕事をしているという手ごたえがあることもこの仕事の魅力といえます。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 学んだ知識を活かして地元徳島で地域貢献したかったから。
就職先は自分の知識を活かせる電気の保全・修繕を行なっている会社と決めていました。人々の生活に必要不可欠な電気インフラを守る仕事はやりがいがあり、地元徳島に対する地域貢献ができると考えていたからです。
面接時には、会社の強みや仕事内容について丁寧に教えられたため、不安払しょくに繋がりました。当初は自分のスキルを直接発揮できる現場での作業を希望していましたが、今ある知識を活かしながら新しいフィールドでチャレンジしてみたいという思いがあり、営業職として入社することを決断しました。
当社の仕事は職種の垣根がありません。そのため営業職でも現場に携わって経験の幅を広げられる点もこの会社の魅力だと感じています。どの部署に配属されても、先輩社員から丁寧に指導を受けられるため、スキルアップしたい人に最適です。
 
これまでのキャリア 営業部(2年目・現職)

この仕事のポイント

仕事の中身 イキイキした地域社会をつくっていく仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 企業を相手に商談を行う仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 自分の個性やセンスを活かしたい人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就職先を選ぶ際は、自分のやりたいことを明確に決め、働いている自分のイメージを描いてみましょう。会社のうわべだけを見て分かった気になってしまうと、入社後ギャップに繋がります。「自分がなぜその仕事に就きたいと思うのか」を自問自答しましょう。自分に合っていると確信をもって入社できると、自分の選択を後悔せずに済みますよ。
工学部の方が電気インフラ系の仕事に就くなら、学校で学んだ知識をきちんと身につけておくと入社後の立ち上がりがスムーズです。

四国電気工業株式会社の先輩社員

現場代理人として、空調設備工事現場のかじ取りをする役目を担います。

空調部
Y . Y
金沢工業大学 工学部 機械工学科

徳島県内のあらゆる現場で電気設備機器の取り付けを行なっています。

工務部
S . K
徳島文理大学 人間生活学部建築デザイン学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 説明会・イベント予約 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる