日本電算企画株式会社ニホンデンサンキカク
業種 情報処理
ソフトウェア/インターネット関連
本社 東京

先輩社員にインタビュー

コンサルティング部
K.K(28歳)
【年収】非公開
これが私の仕事 官公庁の業務支援システムや情報公開サイトの開発
私の主な仕事は官公庁の業務を支援するシステムや、一般の方が閲覧する情報公開サイトの開発です。要件定義~納品まで、時には年単位の期間をかけて一つのシステムを開発します。期間が長く、それだけ責任も伴いますが、だからこそシステムが無事一般公開されたときのやりがいが大きい仕事です。
業務は設計書作成やプログラム、テストなど、パソコンに向かった作業が多くなりがちですが、チームメンバーとのコミュニケーションも活発で、意外とフラットに会話ができる環境です。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
エンドユーザーに直結したシステム開発の醍醐味
エンドユーザー(実際にシステムを利用する人)が一般の方である、情報公開サイトなどのシステム開発では、開発したサイトがネットニュースやSNSで取り上げられることがよくあります。官公庁システムは信頼性、利用度が高く、生活や一般企業の業務などに密接に関わっているため、特に話題になりやすいです。
自分の携わった機能に関するコメントがあると、苦労があった分だけ「作ってよかった」と、自分の仕事に大きなやりがいを感じます。もちろん酷評もありますが、それは受け止めつつそっと見なかったことにします(笑) 自分の作ったシステムとエンドユーザーが直結するので、自分の仕事が社会に貢献していることを実感することができます。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 社会貢献度の高さと、福利厚生や社員教育の充実
業務内容を見て、官公庁に関わる仕事は社会貢献度が高いのではないかと考え、入社を決めました。実際その通りで、今までの業務で仕事にやりがいを感じる場面が多くあり、またこれから先も新しい官公庁システムを開発していけると期待しています。
また、同業界の企業と比べて賞与や休暇などの福利厚生が充実していたのも決め手でした。自分はプログラム未経験だったのですが、説明会で研修制度の説明を受け、安心して入社できると感じました。
近年では、本社の移転や働き方改革の取り組みなど、時代の流れに合わせて会社も柔軟に変わろうとしている最中です。会社も社員の意見を受け入れてくれるので、社員の身になって働きやすい環境を目指している会社だと感じています。
 
これまでのキャリア 入社→研修→システムエンジニアとして勤務

この仕事のポイント

仕事の中身 生活基盤や社会インフラを作り上げる仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

非常に多くの会社の中から、本当に自分の働きたい会社を見つけるのは本当に大変なことだと思います。
私が就職活動で大切にしたのは、なんとなくや不安が残るままでその会社に決めるのではなく、分からないなりに自分が納得できる理由でその会社に決めることでした。その方が、実際に働く自分が胸を張って楽しく仕事をできると考えていたからです。
多くの会社に足を運ぶのは本当に大変だと思いますが、自分の目で見て、自分が納得できる会社を是非見つけてください!

日本電算企画株式会社の先輩社員

既存のシステムの機能改修やテスト

システム1部1課
R・O

某出版社データ解析システムの開発

システム1部システム4課
Y.K

官公庁向けのシステム開発

システム2部
K.Y

官公庁系システム開発

システム1部
Y.K

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる