株式会社ジェイピーシー
ジェイピーシー
2023

株式会社ジェイピーシー

(JPCグループ)
業種
機械
設備・設備工事関連/商社(化学製品)/機械設計
本社
愛知
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
総合評価 - 評価が高い項目 -

私たちはこんな事業をしています

自動車をはじめとする工業製品に多く使われる金属部品。
それらを加工する際に不可欠なクーラント液の「ろ過装置、洗浄機をはじめとした専用機」を
開発、設計、製造、販売、メンテナンスまで一貫して行っています。
トヨタ技術開発賞を2回受賞する等その優れた性能はトヨタ自動車からも評価されており、
「JPCグループの装置が関わっていないトヨタ車はない」というくらい
同社の世界中の生産ラインに多数導入されています。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

加工現場での環境対策も担うクーラントろ過装置

クーラント液とは、一般に冷却液と訳されますが、金属部品の加工現場で使われる場合の役割はそれだけにとどまりません。金属を削ったり、穴を開けたりすると摩擦熱が発生し、切粉が出ますが、この熱を冷まし、切粉を洗い流して潤滑性を保つのがクーラント液なのです。切粉の混じったクーラント液はそのまま捨てては深刻な環境汚染につながりますから、ろ過する必要があります。そこで私たちのクーラントろ過装置の登場です。ろ過することでクーラント液は再利用ができ、集まった切粉も溶かせば金属として再利用することができるようになります。加工効率の向上と環境対策という2つの役割を担っているのがクーラントろ過装置なのです。

事業優位性

トヨタ技術開発賞を受賞したクーラントろ過装置のスタンダード

元々はクーラントろ過装置の販売会社でしたが、お客さまの声を聞いているうち、自分たちで作った方がニーズに合ったものができるんじゃないかと考え、宮崎県に工場を構え、自社での開発・製造を開始しました。それがトヨタ自動車のクーラントろ過装置のスタンダードとなり、やがて国内はもとより海外の工場にも広く導入されるようになったのです。そのためアメリカに現地での据付やアフターケア、改造のための現地法人を設け、中国には現地組立を目的とする現地法人を設立しました。むろん新しい装置の開発も怠たっていません。よりコンパクトで省スペースなろ過装置などの開発を進め、すでにトヨタ技術開発賞を2度受賞しています。

戦略・ビジョン

やがてエンジンがなくなる、というビッグチャンス

ブロックやヘッドといったエンジン部品の加工に多く使われていることから、こんな心配をする人がいるかもしれません。「EV化が急速に進めばエンジン自体がなくなってしまうのでは」と。が、私たちはむしろ大きなチャンスの到来と考えています。培ってきたろ過装置の技術を生かし、例えば旋盤と穴開けの複合加工を行う機械用のクーラントろ過装置や高精密が要求される半導体関連のろ過装置の開発を進めています。EV時代の本命であるリチウムイオン電池向けでも新たな試みを始めたところ。エンジンがなくなるという予想のおかげで新たな分野への挑戦意欲を掻き立てているのが現在の私たちです。ピンチではなくむしろ変化のチャンスなのです。

会社データ

事業内容 高精度なモノづくりをサポートする以下の自社オリジナル製品の企画・設計・製造・販売・メンテナンス
・クーラントろ過装置
・搬送コンベアー
・洗浄機
・測定機
・高性能磁化処理装置
・特殊塗料
設立 1976年
資本金 3000万円
従業員数 109名(2020年12月時)
売上高 53億円(2020年8月期実績)
代表者 取締役社長 日高 克二
事業所 ●本社
愛知県豊田市竜神町弥生53番地

●宮崎工場
宮崎県西都市大字茶臼原緑ヶ丘286番地の1

●北海道工場
北海道苫小牧市字柏原6番186

●北陸営業所
石川県金沢市菊川1丁目9-1

●福岡営業所
福岡県京都郡苅田町鳥越町1番地20
関連会社 株式会社AQUA・J
大連皆必喜機械有限公司(中国現地法人)
JPC AMERICA,INC.(アメリカ現地法人)
主な取引先 ・ トヨタ自動車株式会社
・ トヨタ自動車北海道株式会社
・ トヨタ自動車九州株式会社
・ ダイハツ工業株式会社
・ 株式会社豊田自動織機
・ 株式会社SUBARU
・ いすゞ自動車株式会社
・ スズキ株式会社
・ ジヤトコ株式会社
・ 本田技研工業株式会社
・ 株式会社ジェイテクト
・ コマツNTC株式会社
・ 豊和工業株式会社
・ エンシュウ株式会社
・ 東洋精機工業株式会社
・ 株式会社安永
・ ホーコス株式会社
・ 東芝機械株式会社
日米中に広がるJPCネットワーク 主要な納入先であるトヨタ自動車の海外展開に合わせ、私たちのネットワークも広がりを見せています。
本社はトヨタ自動車のお膝元である豊田市に置いていますが、製造拠点は宮崎。自治体からの熱心な誘致と、なにより優れた人材が採用しやすいということで、素材加工から完成品まで可能な一貫製造工場をつくりました。さらに国内ではトヨタ自動車北海道のために北海道工場を確保しています。
一方、海外では現地での据付やアフターケア、あるいは必要な改造のためにアメリカに現地法人を設立し、近年はトヨタだけでなく他の日系メーカーにも対応しています。また、中国ではトヨタ自動車の現地調達のための設計・製造・販売を行う体制を構築しています。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)