丸八鋼材株式会社
マルハチコウザイ
2023
業種
鉄鋼
金属製品/その他製造
本社
愛知

私たちはこんな事業をしています

1959年設立の当社は、特に厚みのある鋼板の加工を得意としている鋼材加工専門メーカーです。厚さ300ミリの鋼材を扱っており、それを切断する工場を運営しております。これまでに培った技術とノウハウで複雑なニーズに沿った加工も可能としており、多くのお客さまよりご好評と厚い信頼をいただいております。

当社の魅力はここ!!

事業優位性

高い技術力で独自の立ち位置に、どんなニーズも全力でお応え

当社は鋼材の切断を専門とする会社です。鋼材の切断会社の中でも、とりわけ厚みのある鋼板の加工を得意としており、300ミリの厚みがある鋼材をダイナミックに切断します。創業以来60年以上にわたって培ってきた技術とノウハウを駆使して、加工の難易度が上がる厚みのある鋼材であってもお客さまのご要望にきめ細かくお応えする形で切断加工を行っており、小ロットでの受注生産も可能な点も含めてお客さまよりご好評をいただいております。当社は業界内でもニッチな存在となっておりますが、一定の需要があることと新規参入が難しいという事業の性格のため、独自性と安定した業績を保っております。

社風・風土

小規模組織ならではの職場環境、悩んだら相談は社長にもお気軽に

社員数は30名と少なめの当社ですが、20代から60代までの幅広い年齢の社員が日々業務に専念し、活躍しております。上司や先輩はもちろん、代表や専務などの役職者との距離感も近いのは少人数の環境ならではの特長です。そうした職場なので、仕事の話だけでなくプライベートの相談をする社員も大勢いるような和気あいあいとした雰囲気があります。会社が駅や大型ショッピングモールから近いこともあり社員の多くがバス・電車で通勤しているため、仕事終わりに社員同士で遊びに行く姿が見られるくらいです。お客様に伝わるほど親しみのある雰囲気は当社の誇る自慢のひとつです。

仕事内容

炎を操る職人達によるチームスポーツ

完全オーダーメイドの受注に対応しながら、短い納期を実現するのが最大の強み。変化の多い仕事になるため、個人技での突破に頼るのではなく、お互いのフォローで無理なく乗り切る体制を目指しています。「受付事務・CAD・切断現場・出荷」のポジションを流動化させて対応する様は、まさにチームスポーツ。黙々と集中力を発揮する瞬間も大切ですが、コミュニケーションを取りながらの協力作業が大きな力を発揮しています。さらに、『熟練の技+機械』『ダイナミックな製品+繊細な調整』という組み合わせで、堅実な積み重ねを続ける仕事です。

会社データ

事業内容 鋼材・鉄板のガス溶断。
*「ガスの熱」と「酸素」を駆使して、鋼材を溶かしながら切断します。
*わが社の製品は金型・機械部品となって、自動車・工作機械など、あらゆる産業を支えています。
設立 1959年2月
資本金 3,870万円
従業員数 30名(男性24名・女性6名/2021年1月時点)
売上高 6億2,700万円(2020年8月期)
代表者 代表取締役社長 佐野 和彦
事業所 【本社工場】
愛知県名古屋市熱田区池内町1-5
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)