独立行政法人 勤労者退職金共済機構キンロウシャタイショクキンキョウサイキコウ
業種 公社・官庁
団体・連合会/共済/その他サービス
本社 東京

先輩社員にインタビュー

総務部会計第一課
高木 翔太(30歳)
【出身】学習院大学  経済学部 経営学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 機構の収入や支出を管理する仕事をしています
会計第一課の業務は、収入や支出の管理をはじめ、予算計画の作成など多岐にわたります。
その中で私は、様々な支払いの準備や、決算や監査に係る資料作りに携わっているのですが、どれも正確さが求められ、また、締め切りが設けられているものばかりです。
そのため、細心の注意を払いながらも迅速に業務を進められるよう、効率的な仕事の順番や方法を模索したりと日々努めています。
私が仕事をする上で大事にしているのは、自分で調べよく考えるということです。
例外的な事項を取り扱うことも多々ある部署ですので、上司に相談しながら仕事を進めることも多いですが、すぐに質問するのではなく、過去の似たような案件を調べてみたり、自分ならどう対処したいかをよく考えるよう心がけています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
給付業務で東北地方を担当
以前、退職された被共済者の皆様に退職金を支払う部署に所属し、東北地方を担当していたことがありました。
東日本大震災が発生した際には、「会社が被災し、請求書が無くなってしまった。」など、様々なお問い合わせをいただきましたが、退職せざるを得なくなった従業員の方々に、迅速に退職金をお支払いできるよう努めました。
上司や先輩に助けられながらも無事にお支払いが完了したときには、微力ながらも被災者の方のお役に立てたことに喜びを感じたのと同時に、相手の立場に立って考えることの大切さを学びました。
少しずつ復興していく街の姿を見て、今でもこの経験を思い出すことがあります。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 中小企業を支える制度を運営する機構で働きたいと思いました
私が当機構を志望した理由はふたつあります。
一つ目は、制度そのものに魅力を感じたという点です。機構で働くことによって、中小企業の従業員の方々が安心して働ける環境作りに貢献することができ、日本経済を支えている中小企業のさらなる発展に寄与できることに惹かれました。
そしてもうひとつは、機構の離職率の低さなどから、働きやすそうな職場だと感じたからです。
実際に就職してみると、新人職員のサポートはもちろんのこと、業務に係る研修なども充実していて、安心して日々の仕事に取り組むことができています。
 
これまでのキャリア 給付業務部給付第一課(3年半) →契約業務部契約課(2年半) →総務部会計第一課(現職:今年で2年目)

この仕事のポイント

職種系統 財務・会計・経理
仕事の中身 生活基盤や社会インフラを作り上げる仕事
仕事のスタイル 目標をきちんと予定通り進めることが必要な仕事
仕事でかかわる人 経営者と接する仕事
仕事で身につくもの 客観的に整理・分析する能力が身につく仕事
特に向いている性格 ヒトの気持ちを理解し、相手に合わせた対応がとれる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就職活動で内定を得ることは、ゴールではなくスタート地点であると私は考えています。
もしかしたら定年まで働く場所になるかもしれないので、焦って就職活動をするのではなく、本当に自分に向いている仕事や企業を、時には友人や家族に相談しながら見つけることが大事だと思います。
私自身、何度かOB訪問をして先輩たちのお話を聞く機会があり、非常に有意義な時間を過ごすことができました。
では近い未来、機構でお会いしましょう。

独立行政法人 勤労者退職金共済機構の先輩社員

退職金を支払うための資産管理などをしています

資産運用部資産運用第二課
川野 加央里
北九州市立大学 法学部法律学科

雇用促進融資債権の管理及び回収

勤労者財産形成部回収課
W
経営学部

中退共制度の申込書を取り扱う団体に取扱方法の指導などをしています

中退共本部事業推進部広報計画課
西村 祐耶
日本大学 文理学部教育学科

建設業に携わる方々の退職金制度の管理・運営業務

建退共本部建設業事業部経理課
小池 美波
立教大学 社会学部現代文化学科

制度改正に合わせて中退共業務システムを設計・管理する仕事をしています

システム管理部システム企画課
簑津 智香子
東京女子大学 文理学部数理学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる