独立行政法人 勤労者退職金共済機構キンロウシャタイショクキンキョウサイキコウ
業種 公社・官庁
団体・連合会/共済/その他サービス
本社 東京

先輩社員にインタビュー

システム管理部システム企画課
簑津 智香子
【出身】東京女子大学  文理学部数理学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 制度改正に合わせて中退共業務システムを設計・管理する仕事をしています
システム管理部の業務としては内部で使用する中退共業務システムに関する問い合わせ対応や制度改正に伴うシステム設計・構築、端末・ネットワークの管理等です。
私はその中でも中退共業務システムに関する他の部署からの問い合わせ対応や、テストデータ作成等を担当しています。
また、産休に入る前に制度改正に合わせて中退共業務システムに新しく業務情報を表示するようにインターフェースを改良する仕事も担当したのですが、復帰したときにその改良した部分が日々の業務の中で使用されているのを確認して、感動すると同時にやりがいと責任を感じました。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
人の役にたてること
以前所属していた収納課では掛け金の請求や請求内容についての問い合わせ、金融機関の変更の処理が主な仕事でした。
電話の問い合わせの中には、中退共HPの解説を事前に確認して解決できなった方など複雑な手続きの方もいらっしゃいますが、お客様の状況を聞きながら1つずつ丁寧に説明したり、口頭での説明が難しい場合は書面にしてお渡しするといった工夫をすることで対応していました。郵送で届いた書類と一緒にはじめてお礼の手紙を頂いたときにはとても嬉しかったことを覚えています。
現在のシステム企画課では、お客様と直接お話する機会はありませんが、中退共業務システムを利用している他の部署からシステムに関する問い合わせがあった時に迅速に回答することで間接的にお客様の役に立てるよう日々知識の習得に努めています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 働きやすい環境であること
私が機構に就職を決めた理由は、日本の企業の大半を占める中小企業の方の退職金を扱うという多くの人から必要とされる業務を行っていて景気の状況に左右されることなく安定して結婚や出産した後もずっと働くことができそうな職場だと思ったからです。
実際に、自分も結婚、出産、育児休職をへてこの春に復帰しました。私だけでなく他にも出産、育児休職を取得して復帰された方は何人もいるので取得しやすい環境だと思います。
また、システム管理部に異動した際、機構外のシステム開発研修に参加する機会を頂き、その後自分で情報処理の資格をいくつか取得した際に取得費用の補助をしていただきました。仕事の面でも、自分で学ぶ意志があればそれを後押ししてくれる環境が整っていると思います。
 
これまでのキャリア 契約業務部収納課(3年間) → システム管理部システム企画課(現職:今年で6年(うち約1年半育児休職))

この仕事のポイント

職種系統 一般事務・営業事務
特に向いている性格 ヒトの気持ちを理解し、相手に合わせた対応がとれる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

様々な業界の企業訪問、OB・OG訪問ができるのは就職活動中でしかできないことだと思います。就職活動を通して多くの人との出会いがあります。立場や年齢の違う方と話すことによって違う角度から自分を見つめ直すきっかけにもなります。
ぜひ、今しかできない事を楽しんで、前向きに頑張ってください。
皆さんが素敵な企業に出会えることを心から願っています。

独立行政法人 勤労者退職金共済機構の先輩社員

機構の収入や支出を管理する仕事をしています

総務部会計第一課
高木 翔太
学習院大学 経済学部 経営学科

退職金を支払うための資産管理などをしています

資産運用部資産運用第二課
川野 加央里
北九州市立大学 法学部法律学科

雇用促進融資債権の管理及び回収

勤労者財産形成部回収課
W
経営学部

中退共制度の申込書を取り扱う団体に取扱方法の指導などをしています

中退共本部事業推進部広報計画課
西村 祐耶
日本大学 文理学部教育学科

建設業に携わる方々の退職金制度の管理・運営業務

建退共本部建設業事業部経理課
小池 美波
立教大学 社会学部現代文化学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる