パナソニックスイッチングテクノロジーズ株式会社パナソニックスイッチングテクノロジーズ

パナソニックスイッチングテクノロジーズ株式会社

旧社名:パナソニックデバイス帯広株式会社
業種 半導体・電子部品・その他
自動車/機械/家電・AV機器/コンピュータ・通信機器・OA機器
本社 北海道
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

事業管理部
池田 陽司
【出身】北海道工業大学大学院(現:北海道科学大学大学院)  機械システム工学専攻 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 商品開発、量産設計、製品改善など
取引先は自動車メーカーや部品メーカーです。商品開発はお客様の要望でこういうものが欲しいというのをいただき、物の形を考える仕事。量産設計は、構想設計された形を金型や組立設備で量産できるように金型を考える仕事。製品改善は、量産品をより良く、より組立易く改善を行う仕事です。
現在携わっているのは、商品設計と量産設計を経て、製品改善の段階です。それぞれの商品でパターンは異なりますが、開発に携わった商品はその後の行程も面倒を見るのが通例となっています。1.2年目は先輩のサポート業務がメインですが、、3年目以降となるとメーカーとの打ち合わせの場に派遣され、相談や説明などの業務にあたる場合もあります。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
苦労の末、自分が考えた商品が量産されていく様子にやりがい
商品の立ち上げ(量産設計)を同時に複数受け持ったことが、思い出深いです。量産設計の段階は、部品メーカーやお客様からの問い合わせが込みます。電話やメールの対応や設計検討で工数がたまる仕事を、2本同時にということがありました。仕事を任されている責任や納期通りの納品を目指す中で、残業が続いてしまったりと、正直心身ともに厳しい時期でしたね(笑)。技術職の仕事ではありますが、他部署に依頼を行ったり、周囲にお願いをして回ったりする業務が多い場合もあります。設計だけで商品はできませんので、周囲の協力を受け、色々な段階を経て、自分が考えたものが最後量産されたときは、本当にやりがいを感じます。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 自分がやりたいものづくりの仕事が出来る場所だったので
大学のときに共同研究を行っていたのがきっかけで入社をしました。物を作る仕事がしたかったので他にも候補の企業はありましたが繋がりがあったことが大きいです。
ちなみに、私は社内でも移動が多い方です。入社3年目で声をかけられて、大阪での勤務を経験しました。実際に、他エリアで色々と学び、今後に活かせる体験を得ることができたので、いい経験になったと思います。
 
これまでのキャリア 帯広勤務(2年半)⇒大阪勤務(2年間:出向)⇒三重勤務:大阪で作ったネタを持って形にするために1年半⇒帯広勤務

この仕事のポイント

職種系統 機械・電機・電子機器設計
仕事の中身 とことん地球環境に貢献する仕事
仕事のスタイル 忍耐力と集中力が必要な仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 大勢の人と協力しながら進めるのが好きな人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

自分が大事にしたい条件を整理して、就職先を決めて下さい。

パナソニックスイッチングテクノロジーズ株式会社の先輩社員

民生用リレーの商品技術及び市場技術

品質保証部 品質保証二課
小原笑
釧路工業高等専門学校 電子工学科

車載リレーを納めている国内外の顧客に対する品質保証対応

品質保証部 品質保証課
保見 年將
北見工業大学 電気電子工学科

設計・開発業務~車両の回転スイッチやモジュール製品の開発~

技術部 技術四課
渡邊 慎吾
室蘭工業大学 電気電子工学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる