太平洋精工株式会社
タイヘイヨウセイコウ
2023
業種
自動車
金属製品/重電・産業用電気機器/輸送機器/精密機器
本社
岐阜

私たちはこんな事業をしています

カーナビやオーディオなど、いまや電気製品の塊となっている自動車。私たち太平洋精工がつくっているのは、自動車の中の小さな製品『ヒューズ』です。ヒューズは大電流から電気回路を保護することで車両火災を防ぎ、乗る人の安全を見えないところで守っています。
精密金属プレスの加工や金型製作でも独自の技術力を発揮して、今後さらに高性能化・多様化するクルマの進化を支えていきます!

当社の魅力はここ!!

戦略・ビジョン

国内外トップクラスのシェアを誇る自動車専用ヒューズメーカー!

私たちの理念は、クルマ社会の発展に寄与することです。1769年にフランスで蒸気自動車が誕生して以来、クルマは人と人の距離を近づけ、物を運び、経済や社会を大きく変えてきました。今後、どんなに通信手段が発達しても、人や物の移動が止むことはないでしょう。むしろ、“一人一台”という時代が世界的に訪れ、自動車産業はますます拡大していくと思っています。そんな未来に向けて、クルマはどうあるべきか、安全性や快適性をどのように高めていくべきか、新たな発想やノウハウが求められています。私たちは独自の技術を強みにクルマ社会に「新しい流れ」をつくり、高性能ヒューズの開発製造を通して、クルマ社会の発展に貢献していきます。

事業優位性

“オンリーワンメーカー”として、常にグローバルニッチを目指す

当社の自動車用ヒューズは、ニーズを先取りした画期的な製品として、国内外の自動車メーカーから高い評価を得ています。1961の創業以来、半世紀以上にわたり、自動車の高性能化にあわせて業容を拡大してきました。自動車は、電動化やハイブリッド化、自動運転化など、絶えず進化を遂げています。ヒューズも同様で、ハイブリッドカーの高電圧に対応したヒューズを世界で初めて開発するなど、当社は新たなトレンドを見据え、さらなる革新を進めています。ヒューズの定義を変えるような研究開発も力を入れ、“電気とクルマの新しい関係”を築くことにも注力。プレス事業、金型事業でも高い精度が評価され、今後、さらなる拡大が期待されています。

社風・風土

違いがあるからおもしろい! カラフルな創造力で未来を見据える

当社では、学歴も、国籍も、得意な技術も、年齢層も異なる社員が働いています。バラエティーあふれる職場環境ですが、共通点は「クルマが好き」ということ。十人十色の多様さがあるだけに、お互いを尊重し、異なる個性を受け入れ、一緒に成長していこうという風土が根付いています。風通しもよく、同僚同士はもちろん、部署や職位が違っても本音をぶつけあい、時には冗談を言いあいながら、明るく元気に働いています。一人ひとりは小さな存在でも、力をあわせてまばゆい光を放つ、そんな“カラフルさ”が大きな魅力。一人ひとりが自分の色を持ち寄り、チームにとって欠かせない主要な戦力として、みんなで一つの大きな“作品”を描いています。

会社データ

【WEB開催】【新型コロナウイルス感染症への対応】 <9月7日更新>WEBインターンシップを開催いたします。
事業内容 自動車専用ヒューズの開発・製造、精密金属プレス加工・金型製作

 自動車専用ヒューズの分野において、国内約9割/世界約5割のシェアを確立!
設立 1961年10月
代表者 代表取締役 小川貴久
資本金 9,840万円
売上高 238億円(2020年3月連結)
従業員数 423名(2020年4月1日時点)
事業所 ■本社
 岐阜県大垣市桧町450番地

■大垣工場
 岐阜県大垣市久瀬川町7丁目5番地8号

■関連会社
 太平洋工業(株)

■海外子会社
 6カ国(アメリカ、ドイツ、中国、韓国、タイ、メキシコ)
社内施設 社員食堂…麺や定食など4種類から、選べる日替わりランチが楽しめます!
ジム…空いた時間で運動不足解消・体力増進ができます。
リラックスエリア…休憩時間はコーヒーを片手にソファでゆったり過ごせます。(ライブラリー併設)
スタジアム…大画面の液晶や卓球台があり、年に一度卓球大会を催しています!
その他…駐車場完備   等

また、オフィスの座席はフリーアドレスになっています!
教育制度 太平洋精工は、従業員のスキルアップ/自己啓発を応援しています!

新入社員指導役制度…年が近い先輩社員が指導役に就き、マンツーマンで仕事や社会人のいろはを教えます!
TOEIC IPテスト…3か月に一度、会社負担で受験することができます。
資格取得の奨励制度…取得した資格に応じて、金一封が支給されることも!
社内イベント 社員旅行(5年毎)、創立記念、大忘年会、PEC FOLUM、卓球大会 等

また、クリスマスにはケーキ、誕生月にはバースデーランチのプレゼントなど、従業員を大切にしている会社です!
岐阜県ワーク・ライフ・バランス推進企業として 太平洋精工は「岐阜県ワーク・ライフ・バランス推進企業」に登録されています(2017年)。

■下記制度を導入
・5日連続休暇制度…5日連続で有給休暇が取得でき、前後の土日を含めると最大9連休を取ることができます!
・バースデー休暇制度…誕生月に有給休暇取得を奨励しています。
・フレックス勤務制度…出勤・退勤時刻を自由に選択でき、柔軟に勤務ができます。
働き方改革への取り組み 太平洋精工では、長い月日をかけて働き方改革へ取り組んできました。
今後も従業員がより働きやすい会社となるよう、進化を続けていきます!

2006年    再雇用制度導入

2007年    休日1日増加(117日→118日)

2008年    人事制度刷新

2009年    勤怠システム導入/フレックス勤務制度導入/有給休暇の一斉付与開始

2010年    確定給付企業年金へ移行/育児の短時間勤務拡大(1h→2h)

2011年    休日2日増(118日→120.5日)/工場内禁煙化
        育児短時間勤務勤務期間拡大(3歳→小学校入学前)

2012年    休日1日増(120.5日→121日)

2013年    5日連続休暇制度導入

2014年    健康診断の充実

2015年    インフルエンザ補助開始

2016年    育児短時間勤務 1時間単位へ/ストレスチェック導入

2017年    育児・介護短時間時間 30分単位へ

2018年    シン人事制度導入/フレックス勤務対象部署拡大

2019年    バースデー休暇導入/退職金制度の改正

2020年    時間有休の導入

2021年    在宅勤務導入予定
諸制度 各種社会保険完備、育児・介護休暇制度、健康診断、退職金、総合福祉団体定期保険、従業員持株会、短時間勤務制度、財形貯蓄制度、自動車保険団体割引 等
【新型コロナウイルス感染症への対応】【WEB開催】 選考不要!1day仕事体験をWeb上で開催します。
順次詳細をお送りしますので、まずはエントリーをお願いいたします!
会社沿革 1961年    太平洋工業(株)より特殊部品部門を分離独立し、太平洋精工(株)を設立
        グリースニップル、ガラス管ヒューズ、リベットの製造を開始

1994年    米国カリフォルニア州サンディエゴにPEC of America Corp.を設立

2000年    米国ミシガン州デトロイトにPEC of America Corp.テクニカルオフィスを開設
        タイにPEC Manufacturing (Thailand) Ltd. を設立

2002年    自動車用ヒューズ販売累計100億本を達成

2005年    中国・上海に「上海比越喜貿易有限公司」PEC (Shanghai) Corp.を設立

2006年    経済産業省「明日の日本を支える元気なモノ作り中小企業300社」に選ばれる

2008年    ホールディングカンパニー体制に移行

2010年    自動車用ヒューズ販売累計200億本を達成

2011年    創業50周年を迎える(10月3日)
        韓国にテクニカルオフィスを設置

2012年    ドイツ・デュッセルドルフにPEC (Europe) GmbHを設立

2014年    経済産業省「グローバルニッチトップ企業100選」に選ばれる
        メキシコにPEC de Mexico,S.A.de C.V.(Guanajuato) を設置

2015年    自動車用ヒューズ販売累計300億本を達成

2018年    自動車用ヒューズ販売累計400億本を達成

2019年    本社新社屋完成
        EVヒューズの量産技術で、経済産業省「ものづくり日本大賞」経済産業大臣賞受賞
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)