山下ゴム株式会社ヤマシタゴム

山下ゴム株式会社

自動車/自動車部品/機械/ゴム/化学/開発/海外
業種 自動車
機械/商社(自動車・輸送機器)/商社(電機・電子・半導体)/化学
本社 埼玉
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

生産技術部 金型技術課
T.T
【出身】日本大学  生産工学部 機械工学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 製品が世に出回る前の工程に携わっています。
自動車部品に使われる製品の「金型」を設計して、テスト・評価をする仕事をしています。開発部門から製品のモデルをいただき、それをもとに金型が作れるかを判断。問題なければ設計に取り掛かり、難しければ解決方法を検討します。設計はCADで3Dモデルを制作し2次元の図面に反映。その図面をもとに金型メーカーへ発注、量産設備で試してみて、完成した製品が予定通りであれば生産拠点で量産へ…という流れになります。仕事のやりがいは、テストを通じて製品不良などが生じた際、次は起こらないように、原因を突き詰め、改善に取り組んだ結果、不良を少なくできたことで量産工程に良い影響をもたらせること。私の仕事の先にはたくさんの人が存在し、関わる人も多いため、負荷を減らすことでスムーズな流れを生み出すことに気を配っています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
配属から半年未満で新たな構造の金型設計というチャレンジ。
2017年、入社1年目の冬のこと。これまでなかった新たな構造の金型の設計をやってみないかと、上司から打診を受けました。前年秋の配属から半年も経っていないこともあり、不安でいっぱいでしたが、チャレンジさせてもらえることをチャンスと捉え、着手しました。まずは自分で考えて設計。先輩に確認いただき、アドバイスをもらい、自分なりに宿題を考えてまた先輩に確認。特に3Dモデルは何度も試行錯誤を繰り返しながら、最終的に設計が出来上がるまで1ヶ月半ほどかかりました。やっとのことでやり遂げた時、先輩たちから「頑張ったね」と言ってもらえたのも嬉しかったですが、決まった構造の仕事からステップアップして新しい構造の仕事を完遂できたことで、設計の仕事の醍醐味を実感することが出来たことも嬉しかったですね。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 開発から製造までトータルに手掛けていることと、予期せぬ事態への対応力。
趣味で自動車やバイクが好きだったこともあり、大学の機械工学科でも自動車に関連することを学び、自動車関連業界を志望していました。山下ゴムを知ったのは学内セミナーへ来社されたときのこと。本田技研工業へ製品を供給しており、防振という分野で幅広い事業展開を行っていることに興味を持ち、会社説明会へ参加。設計、開発から試作品の作成、製造までトータルに手掛けていることと、職場見学した際に専門的な機材を目にしたことで、志望度が高まりました。実は一次面接の際に電車が止まる事態に見舞われたのですが、会社へたどり着くルートを優しく丁寧に教えてもらい、「ゆっくり来てください」と言ってくれたんです。こうした対応をしてくれる会社なら、入社後も何か課題が生じた時、協力しサポートしてくれる会社だと思い、入社を決めました。
 
これまでのキャリア 2016年4月新卒入社 → 生産技術部 金型技術課(現職)

この仕事のポイント

職種系統 生産・製造技術開発
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事で身につくもの 新しいモノを生み出す力が身につく仕事
特に向いている性格 最後まで自分でやらないと気がすまない人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

私自身の経験ですが、自分の好きなことは何かを考えて業界や企業を幅広く見てみることをおすすめします。入社後、希望通りでない仕事を手掛ける可能性だってありますし、100%満足することは決してないと思います。それでも、自分の好きなことに関する分野を手掛けているのであれば、何があっても前向きに受けとめられるはず。自分に合っている会社か見極めるために、社員と話す機会を積極的に作り、入社後をイメージしてみることが大切だと思います。

山下ゴム株式会社の先輩社員

一番好きな瞬間は、手掛けた部品が車に搭載された時。

開発1ブロック 開発2グループ
M.U
信州大学大学院 繊維学部 応用生物学専攻

生産に向けた設備設計や条件検討、量産立ち上げまで幅広く携わっています。

生産技術部 生産技術課
J.T
東洋大学 理工学部 機械工学科

自動車部品の開発~量産まで、全体の方向性をコントロールするポジション。

品質保証センター 新機種推進部 新機種管理課
M.H
立教大学 経営学部 経営学科

エンジンマウントの耐久性解析を担当しています。

研究開発センター 実験解析ブロック MVH解析グループ
R・N
群馬大学 工学部 環境プロセス工学科

希望通り、研究の仕事を楽しむことができています。

材料開発ブロック 加工技術グループ
M・H
立教大学 理学部研究科

入社2年目でメキシコへ。ラインの立ち上げに携わりました。

生産技術部 生産技術課
E・T
日本工業大学 工学部機械工学科

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる