山下ゴム株式会社ヤマシタゴム

山下ゴム株式会社

自動車/自動車部品/機械/ゴム/化学/開発/海外
業種 自動車
機械/商社(自動車・輸送機器)/商社(電機・電子・半導体)/化学
本社 埼玉
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

生産技術部 生産技術課
J.T
【出身】東洋大学  理工学部 機械工学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 生産に向けた設備設計や条件検討、量産立ち上げまで幅広く携わっています。
製品の開発段階から仕様の設計に関わり、量産までの工程確認や使用する設備調整の検討をし、量産完了までの業務を担当することが生産技術部の役割です。新たな製品をつくる際は、既存製品の量産時の設備や条件設定などを調査し、生産設備の必要性があるかを検討します。必要と判断した際、設備は外部メーカーに生産委託するため、見積書の取得、設置条件を確認、納期管理まで対応。生産設備の導入後は量産に向けた条件設定や稼働状況をチェックしますが、途中で不良が生じた際は、原因究明から解決策を見出します。業務中は連携する部門や担当者とのコミュニケーションを大切にし、スムーズに進行するように意識しています。日々仕事を手掛ける中で、設備の検討から製品の量産までの一連のプロセスを見届けられる機会が増えていることがやりがいです。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
インド出張時の想定外の出来事。一人でやり遂げた経験が大きな学びに。
ある製品の生産条件を設定するため、先輩社員とインドの工場へ赴く機会がありました。インドで生産条件の設定をする初めての依頼だったため、依頼を受けた時は正直不安でした。インドへ赴く前、製品や現地の生産設備などについて事前にかなり細かく勉強しました。こうした事前準備をした上で、現地で設備を確認すると、生産工程が日本にあるものと同じはずなのに微妙に違うことが発覚。一緒に来ていた先輩は別の仕事があったため、ほとんど一人で対応せざるを得ませんでした。電話でアドバイスを受けながら設備を調整し、何とか改善の糸口を発見。その後も紆余曲折を経て、無事滞在予定期間内に条件設定を完遂できました。先輩から「うまくできたね」の言葉が嬉しかったですし、この経験から多くの気付きや学びを得ることができました。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 部活の先輩がまさかの山下ゴム勤務。生の話を聞けたことが大きいですね。
機械工学を専攻していたため、当初からメーカーを志望していました。大学の教授から山下ゴムのことを教えて頂き、選考を受けていましたが、正直はじめはそこまで志望度は高くありませんでした。ただ選考中、部活の先輩が練習に来た際に就職活動の状況を聞かれ、山下ゴムを受けていることを伝えると、「え、そこ俺が働いてる会社」とまさかの返答(笑)。これをきっかけにどこか身近に感じ、先輩に仕事内容や働き方、社風等について色々と聞いてみました。これにより「技術職は最初から最後までトータルに手掛けられる」という仕事の醍醐味を知るばかりか、入社後に携われる仕事の範囲の広さと業務を通じながら成長できるイメージをもつことができました。面接でも部活の先輩のことが話題にあがり、身近な人間関係を感じられたことも決め手のひとつです。
 
これまでのキャリア 2018年4月新卒入社 → 生産技術部 生産技術課(現職)

この仕事のポイント

職種系統 生産・製造技術開発
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル ニッポンを飛び出して、海外の人と働く仕事
仕事でかかわる人 海外の人と接することが多い仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 信念を持って物事に取組むことのできる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

「何から始めていいか分からない」という方は、まず「自分の好きなことは?」「今後も続く業界はどこか」等から考えてみてください。少しでも気になる企業を見つけたら、まずは訪問して自分の目で色々見聞きしてみることをオススメします。私の場合も、HPを見ただけでは特にプラスの印象は持てませんでしたが、先述の先輩に直接話聞くことで会社のリアルな雰囲気が伝わり、「自分に合っているな」と感じることができました。もちろん、入社後もその印象は変わりません。

山下ゴム株式会社の先輩社員

一番好きな瞬間は、手掛けた部品が車に搭載された時。

開発1ブロック 開発2グループ
M.U
信州大学大学院 繊維学部 応用生物学専攻

自動車部品の開発~量産まで、全体の方向性をコントロールするポジション。

品質保証センター 新機種推進部 新機種管理課
M.H
立教大学 経営学部 経営学科

お客様のニーズを製品というカタチにする、責任感もやりがいも大きい仕事。

第1営業部 営業1課
M.K
東洋大学 文学部 教育学科

エンジンマウントの耐久性解析を担当しています。

研究開発センター 実験解析ブロック MVH解析グループ
R・N
群馬大学 工学部 環境プロセス工学科

希望通り、研究の仕事を楽しむことができています。

材料開発ブロック 加工技術グループ
M・H
立教大学 理学部研究科

入社2年目でメキシコへ。ラインの立ち上げに携わりました。

生産技術部 生産技術課
E・T
日本工業大学 工学部機械工学科

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる