カトウ工機株式会社
カトウコウキ
2023
業種
金属製品
精密機器
本社
神奈川

私たちはこんな事業をしています

私たちは、さまざまなものづくりの現場で活用されているタッパーという工具を開発、製造、販売している会社です。タッパーとは、金属にネジ穴をつくるために必要な工具。以前は手作業で開けていたネジ穴を、高速で開けられるようになったことから、産業に大きな影響を与えました。現在は、あらゆる産業から寄せられる要望に対応し、工具の精度アップや長寿命化を目指して技術力の向上に努めています。

当社の魅力はここ!!

企業理念

プロとしての誇りを持ち、社員も幸せになる会社を目指す

1918年に鉄工所として創業してから100年以上、日本の製造業を陰ながらサポートしてきた当社。「世界とともに幸せを追求する」をモットーとして、工具の開発に取り組んできました。「自他の能力を最大限に開発する」「努力できるのにしない怠慢は戒めよう」「無から有を創る喜びを感じよう」という姿勢で、全社員が高品質な製品づくりにチャレンジ。現在では国内だけでなく海外のお客さまからも選んでいただける工具専業メーカーとして、ブランドを確立しています。また、礼儀を守りお互いを敬う心、働けることへの感謝、高い志、強い意志を持ち、社員一丸となって「社員全員が心を合わせて幸せになれる会社」を目指しています。

事業優位性

シェアトップクラス 独自の技術を継承し、ものづくりをサポート

当社では、ネジ穴を切る工具を生産しています。主力商品「カトウタッパー」は、独自の構造を持っており「ネジ」に合う「ネジ穴」を高精度に切削加工できる工具。当社がタッパーを開発したことにより、ネジ穴をあける作業を効率化しました。それは、多くの製造業のお客さまに高く評価され、今でもトップクラスのシェアを誇っています。しかし、現状に甘んじることなく、研鑽を重ね、業界や用途が異なるお客さまのご要望にもきめ細かに対応。最適な製品を提供できるのは、これまで培ってきたオリジナルの技術を継承し、一人の技術者が設計から完成品の製造まで一貫して携わっているからです。その結果、多くのお客さまから信頼を獲得しています。

社風・風土

社員同士の距離が近く、働きやすい環境

タッパーにおいてトップクラスのシェアを誇る当社ですが、社員数は50名あまりと少数精鋭の組織。幅広い年代の社員が在籍するなか、若手社員も多数活躍中です。しかも、社長や上司との距離も近いため、適切な評価にもつながりやすく、モチベーション高く仕事に取り組めます。また、失敗してもそれをよい経験ととらえ、周囲がしっかりとサポート。失敗から学び、さらなる高みを目指してどんどん知識や技術を吸収してゆけるフレッシュな力に期待をしています。技術者と営業スタッフの連携もとれており、チームワークは抜群です。社員全員がよりよいものを提供したい、という共通の目標をもとに自ら課題を設けて切磋琢磨しています。

会社データ

事業内容 精密工具の設計・製造・販売(主製品 カトウタッパー)
設立 1959年9月
資本金 2500万円
従業員数 52
名(2021年5月時点)
売上高 5億4千万円(2020年7月時点)
代表者 代表取締役会長 加藤一江
代表取締役社長 加藤祐造
事業所 【本社・平塚工場】
神奈川県平塚市新町2-65

【東京営業所】
東京都港区高輪3-7-16

【中部営業所】 
愛知県名古屋市守山区深沢1-706 エイカセントラルビル2D

【関西営業所】 
兵庫県神戸市中央区多聞通4-4-13 歩11番館503
沿革 1918年4月 神戸市兵庫区笠松にて加藤三郎が有限会社加藤鉄工所を創業
1929年4月 三菱重工業株式会社神戸造船所の協力工場となる
1941年1月 加藤一郎が加藤鉄工所を継承、代表者となる
1945年3月 戦災により工場焼失
1946年11月 神戸市兵庫区浜山にて工場復興
1952年7月 中小企業庁からモデル工場の指定を受ける
1953年6月 日本で初めて特許「カトウタッパー」の製造を開始、メーカーとなる
         タッパーという呼び名は弊社の造語
1959年9月 組織を株式会社に改め、神戸市兵庫区湊町にてカトウ工機株式会社を設立し、
        加藤一郎が代表取締役に就任
1964年9月 台風により工場浸水、操業不能となる
1964年11月 名古屋市守山区吉根に名古屋工場を開設し、操業を開始
1972年8月  SAシリーズ(タッパー本体)およびTCシリーズ(タップコレット)を発売
1972年10月 本社を神戸市中央区元町に移転
1978年10月 加藤泰三が代表取締役に就任 三代目 加藤泰三
1980年11月 加藤一郎が勳五等 瑞宝章をたまわる
1985年10月 加藤一江が代表取締役に就任
1997年11月  創業80周年を記念し、全社員記念旅行
1999年9月  本社を東京都千代田区二番町に移転
2002年10月 CAシリーズ(タッパー本体)およびTCAシリーズ(タップコレット)を発売
2006年10月 本社を神奈川県平塚市新町に移転し、工場と統合 移転
2008年6月  経済産業省「元気なモノ作り中小企業300社2008年版」に選出された
2008年7月  創業90周年を記念し、全社員記念旅行
2008年10月 センサ内臓タッパー(Dr.Tapper)をJIMTOFにて展示
2009年2月  加藤祐造が代表取締役に就任
2009年6月  切削液剤 セリカットシリーズを発売
2011年11月 給油ホルダ(LD型)を発売
2011年11月  シンクロホルダ(ESS/ESS-OHC型・SSR-OHC型)を発売
2013年9月  バリ取りホルダ(DBR7-P型)を発売
2014年3月   ロボット用バリ取りホルダ(SME-DBR7-P型)を発売
2016年11月  ロボット向けタッパーをJIMTOFにて展示
2017年2月   ロボット・テストルームを開設(中部営業所)
2018年7月   創業100周年を記念し、全社員記念旅行
2018年10月  ロボット・テストルームを開設(本社・平塚工場)
2018年11月  バリ取りホルダ DBR7-1D型を発売
2020年年4月 加藤一江が勲六等 旭日単光章をたまわる
ホームページ https://kato-koki.com/
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)