株式会社鹿児島放送
カゴシマホウソウ
2023
業種
放送
本社
鹿児島

私たちはこんな事業をしています

鹿児島県エリアを放送対象とした地域密着のテレビ局として1982年に開局しました。
テレビ朝日系列(ANN系列)の単独フルネット局としては、九州でも早い存在。
+KKB(プラスケーケービー)をキャッチフレーズに、視聴者にとって「プラス」になる新しい情報や価値を発信し続けています。
KKB動画アプリ「KAPLI」カプリでも鹿児島の情報を発信。

当社の魅力はここ!!

戦略・ビジョン

KKBの合言葉は『あたまでいこう!』

KKBの合言葉は『あたまでいこう!』〔明るく楽しく前向きに〕。鹿児島にとことんこだわり、視聴者にプラスとなる様々な情報や新たな価値を探し続けます。菜の花マラソンやプロ野球公式戦、夏はとことん高校野球などスポーツ好きにはたまらないイベントも目白押しです。社員全員でつくりあげる夢応援フェスタは社員の夢を楽しく叶えるイベントでもあります。明るく働きやすい『あ・た・ま』な環境で地域ナンバー1メディアを目指します。

技術力・開発力

ヴァーチャルアナ「カプリティ凛」がデビューしました!

九州の放送局で初めてバーチャルアナウンサーを採用、2021年2月5日デビューしました。KKBの動画アプリ「KAPLI」他、SNSに出演。まもなく地上波でニュースを読む姿も見られるかも!名前は一般公募しました。3次元CGなどで描かれたアバターに声や身振りをあてる「VTuberシステム」と音声システムを組み合わせ、遠隔操作で原稿の読み上げもできます。新しいことへのチャレンジを積極的に行うKKB。あなたも一緒に働いてみませんか?

会社データ

事業内容 テレビの放送事業
■設立1982年10月1日。民放テレビ99局目、テレビ朝日系列(ANN系列)では11番目の局(九州では2番目)として本放送を開始しました。
■放送エリアは鹿児島県全域及び宮崎県の一部
■通称 KKB(ケーケービー)
開局 1982(昭和57)年10月1日
資本金 10億円
従業員数 92人(2021年2月)
売上高 44億円(2020年3月期)
代表者 代表取締役社長 古山 順一
事業所 本社/〒890-8571 鹿児島市与次郎二丁目5番12号
東京支社/〒104-8011 東京都中央区築地五丁目3番2号朝日新聞東京本社新館12階
大阪支社/〒530-0005 大阪市北区中之島二丁目3番18号中之島フェスティバルタワー19階
福岡支社/〒810-0072 福岡市中央区長浜一丁目1番1号KBCビル6階
奄美支局/〒894-0006 奄美市名瀬小浜町4番28号AISビル4階
スローガン ■信頼/放送の公共的使命を自覚し県民に信頼され、愛されるステーションを目指します。
■貢献/ふるさとの大地にしっかりと根をおろし、地域と共に歩み地域社会の発展に貢献します。
■挑戦/進取と和の気風を尊び、たゆみない挑戦を通じ、活力ある職場づくりに取り組みます。
主な制作番組 Jチャン+/毎週月曜日~金曜日夕方4:48~
ぷらナビ+/毎週土曜日朝9:30~
Kingspe/毎週金曜日深夜
ですです/毎週金曜日朝9:55~
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)