折武株式会社オリタケ

折武株式会社

食品用パッケージの総合商社/食品業界/デザイン企画
業種 商社(化学製品)
商社(食料品)/商社(機械)/その他製造/コンサルタント・専門コンサルタント
本社 愛知

先輩社員にインタビュー

営業
森川 貴世(23歳)
【出身】中部大学  人文学部 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 お客様のニーズに合わせた容器を追い求めます。
スーパーや飲食店、お弁当屋を中心に多くのお客様を担当する営業職をしています。
仕事内容は、主にお客様からの食品容器を探してほしいとの依頼があり、
お客様のもとに訪問し、容器メーカーのカタログ、時にサンプルを広げながら
お客様と一緒に見つけていく仕事をしています。
食品容器は容器の特徴がさまざまで、
色や形、レンジで温めていいものかどうかといったように本当にたくさんの種類があるので、
商談の前には紹介する食品容器をあらかじめいくつかピックアップして
商談に臨むようにしています。
時間をかけて使いたい容器を決めるのも良いかもしれませんが、
すんなりと決まった時の方がお客様に喜ばれた経験が多いので、
何事も事前に準備してお客様のもとへ向かうことに努めています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
ベタですが、一番はお客様からの「ありがとう」
入社から半年間行ってきた新規営業を終え、
半年後からは主に既存のお客様を上司から引き継いで業務を行う仕事になりました。
その中で、上司が2年間担当していたお客様を担当することになり、
何か失敗をすれば今まで上司が築いてきた信頼を失ってしまうなどのプレッシャーがありました。実際担当を持ってからさまざまな依頼を受け、
分からないことがたくさんありましたが、上司にすぐ相談し、少しずつ勉強していきました。
そして最近では「さすが。仕事が早いね。」と言われ、
これまでの行動が間違ってなかったと思いましたし、自信が持てました。
改めてお客様あっての「仕事」があると思いますし、
これからもお客様に信用されるような仕事づくりに励んでいきたいです。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 会社説明会の時、建物が綺麗で普段の掃除がしっかりしていると感じたから。
大学時代に続けていた飲食店のバイトから将来は「食」に関する職業をしたいと思い、
就活をしました。その中で、食品容器はスーパーやお弁当屋では絶対に必要なものですし、
今後人が生きていく上でも必需品になると考え、今の職に就きたいと感じました。
会社説明会を経て、面接を受けてみると、面接官がとても明るく、
「この人がいる会社は社風が明るくて雰囲気も良いのだろうな」と感じたのが
当社へ決める一番の決め手でした。
実際に入社してからはいろんな性格、見方が違う人がいて、
話していて楽しい人がいっぱいいます。
 
これまでのキャリア 新卒で当社へ就職:新規販売営業(半年間)→量販・広域販売部(現職・今年で2年目)

この仕事のポイント

仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

一番は、自分の未来を見据えて仕事選びはしてほしいと思いますが、
それは簡単なことではないと思います。
家族、友人など周りの信用できる人の意見に耳を傾け、
できれば自身が好きなこと、熱中できる仕事をしてほしいと願います。

折武株式会社の先輩社員

お客様へのご提案やお客様からのご依頼に真摯に対応する仕事です。

営業1課配属
上田 慧
関西外国語大学 外国語学部 スペイン語学科

食品包装資材をメインとした卸営業。商品の売り込みからご提案まで幅広く。

営業1部 部次長
畑中 博之

食品包装資材の卸営業。商品の売り込み、コスト削減の提案など。

営業1課
津野 尊聖
名古屋学院大学 商学部・商学科

お客様の求めている商品やイメージを一緒に考え実現していく仕事です。

営業一課
岡安 唯那
愛知学院大学 文学部グローバル英語学科

スーパーや外食店舗、食品メーカー等への食品パッケージのルート企画営業

飯島里奈
名城大学 農学部

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる