大峰堂薬品工業株式会社オオミネドウヤクヒンコウギョウ

大峰堂薬品工業株式会社

【製薬/食品/化粧品】
業種 医薬品
食品/化粧品
本社 奈良
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

研究開発部 研究課
R・T(26歳)
【出身】名古屋市立大学  薬学部・薬学科 卒
【年収】非公開
わが道を行くパイオニア
これが私の仕事 漢方薬や添加剤について研究し、生産や品質へと活かす仕事です。
漢方薬エキスや生薬、添加剤などの成分や物性について研究し、よりよい医薬品の製造を目指す仕事をしています。また、超臨界抽出による食品・化粧品原料にも少しだけ携わらせていただいています。一貫しているのは「天然物の可能性を拓く」ための挑戦をすることです。
所属している研究課で私は現在、生産や品質の問題を未然に防ぎ、100%安定した製品を完成させることを目的とした研究に取り組んでいます。しかし漢方薬は非常に多くの成分からなることから、「複雑でよくわからない」もの。それを科学的に評価することは簡単ではないですが、データが集まれば、意外な知見が得られることもあります。これらは会社の「知的財産」となり、未来に残る技術へとつながっていくのです。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
いろいろな経験を積み、スピーディーに成長できた新人研修。
入社後すぐ、研修として製造現場と品質管理を半年ほど経験しました。製造・品質・開発と、医薬品製造業の全体像を見通すことができたほか、他部署の方々と広く関わりを持てたことで、会社が自分にとって”居心地のいい”場所になりました。本配属では立ち上げたばかりの「研究課」に配属となりましたが、ここでも製品企画から完成までの理解が欠かせません。入社1年目にしては少しハードルが高いかもと思いましたが、周りの人の協力もあり、いろいろな知識を吸収しながら取り組んでいます。
研究課での私の仕事は一言でいうと、「科学をもとに問題解決をし、医薬品につなげる仕事」だと感じています。実験のアプローチ方法を増やすことが、そのまま自分のスキルにつながります。新米の私でも自分の考えをすぐに試すことができてやりがいは大きいです。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 事業への将来性と、社員の方一人ひとりに魅力を感じました。
就活中は医薬品業界にしぼって、できる限り多くの会社を見ていました。その中で、天然物・海外展開・成長性など、さまざまな点でこの会社に惹かれたのが選んだ理由です。進路選択を迷っていた期間は長く、最終的に大学院へ進学も考えていましたが、「いかに研究と医薬品をダイレクトに結び付けられるか」「どれだけ多くの人に届けられるか」に焦点をあてた結果、OTC医薬品の研究開発職がひとつの道になりました。また、大学で薬剤師を取得した過程の端々で、漢方の未来には可能性を感じていました。
選考では面接以外でも社員の方々と接する機会が多く、社長をはじめいろいろな先輩方と対話を重ねました。入社前に、現在の社風から将来像、課題点に至るまでくわしく理解することができ、お互いが納得した「内定」につながったと強く感じます。
 
これまでのキャリア 入社→生産部で現場研修→品質管理課で現場研修→研究課(入社1年目)

この仕事のポイント

職種系統 応用研究・技術開発
仕事の中身 ヒトの美容や健康を支える仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 新しい動きに敏感になり、幅広い知識が身につく仕事
特に向いている性格 信念を持って物事に取組むことのできる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

入社してからのことはわからなくて当たり前なのでまずは自己理解が大切だと思います。「なんとなく」が具体的になるまで繰り返し考え、イメージを明確にしていきましょう。
また、就活をいかして「質問力」を鍛えるのもおすすめです。論点をつかみ、相手から必要な情報を引き出すのは仕事をする上で必須のスキルだと思います。説明会でも面接でも、是非手を挙げて居残って、社員やほかの就活生と話してみてください。何度もしているうちに力が身に付いてくるかと思います。

大峰堂薬品工業株式会社の先輩社員

海外での漢方薬販売における、大峰堂の窓口の役割を担っています。

研究開発部 海外市場開発課
J・U
三重大学 大学院 医学系研究科 医科学専攻

お客様の安全・安心のために医薬品の品質チェックを行っています。

信頼性保証部 品質管理課
N・T
神戸大学大学院 工学研究科 応用化学専攻
[指向タイプ]冷静なエキスパート

新規設備の導入から運用方法の決定や、製品の仕様決定を担っています。

生産部 技術課
K・Y
京都工芸繊維大学大学院 工芸科学研究科 生体分子工学課程

製造機械のプロ。導入~定期点検~メンテナンスまで広くを担当しています。

生産部 設備管理課
K・K
大阪工業大学大学院 工学研究科機械工学専攻

漢方薬成分や製品品質の評価・担保、管理薬剤師等幅広い業務をしています。

研究開発部 開発2課
R・S
神戸学院大学 薬学部 薬学科

海外向けの新製品開発の分析をしています。

研究開発部 海外市場開発課
C・M
大阪府立大学大学院 総合リハビリテーション学研究科

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる