常石造船株式会社
ツネイシゾウセン

プレエントリーとは、「御社に興味があります」という意思表示です。エントリーシートの提出締切や説明会・面接開催情報を企業から受け取ることができます。

常石造船株式会社

常石グループ
  • 会員制ページ
  • OpenES
  • 正社員
業種
輸送機器
機械/プラント・エンジニアリング/自動車/重電・産業用電気機器
本社
広島
直近の説明会・面接

私たちはこんな事業をしています

国内外の拠点で、3万~18万トン級のバラ積み貨物船やタンカー、コンテナ運搬船等の建造と修繕を行っています。
世界経済はSDGsの浸透やデジタル技術の進歩などによる大きな変化のさなかにあり、造船業に求められる価値観も大きく変化しています。従来の常識が通用しない状況においても、お客さまの期待を超える船舶やサービスを提供するため、常石造船は恐れることなく自らを変革し、次の100年も豊かな社会の実現に貢献します。

当社の魅力はここ!!

事業優位性

グローバルな建造体制

造船業界ではそれまで成功例のなかった海外進出に挑戦し、現在は日本、フィリピン、中国を結び、3拠点での世界分業建造を実現しています。コスト力や為替変動への耐性という競争優位を確立するとともに、国内外の拠点で同一の“常石品質”で船舶を提供するグローバルな建造体制を有しています。

技術力・開発力

これまでにない船舶の進化を目指して

「世界に先駆ける」ーそれは顧客メリットの最大化と、地球環境負荷の低減が私たちのミッション。運航採算性が究極に高く、これまでにない船舶を届けたい。その想いがツネイシの技術力の進化を支えています。地球環境保全の機運が高まるなか、技術において「改善」ではなく「革新」が必要です。常石造船では、GHGゼロエミッションに向け、代替燃料・新技術を取り入れた船舶の開発・建造を進めています。これからはグリーンエネルギーへの対応、さらなるデジタル化により、顧客や社会・地域の期待の先へ行けるよう変革を進めています。

採用方針

品質を支える人材の育成

次なる伝統に向けた技術革新を生み出すということは人でしか成しえません。常石造船は人材第一とし、人を育成し、人の力によって生み出される数々の技術によってこれまでの歴史を築いてきました。これからも次なる人材を育む環境を大切にし、次世代の造船業を担う人材を育成することが、品質を支える核となると考えています。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

技術職:設計、生産管理(新造船技師・修繕船技師)、社内SE、
事務職:営業、調達
一般職

会社データ

事業内容 船舶の建造、修繕
創業 1917年(大正6)7月
設立 2011年(平成23年)1月
資本金 1億円
従業員数 838名(2021年12月時点)
売上高 2,496億(2020年12月期 グループ造船事業連結)
代表者 代表取締役社長 奥村 幸生
事業所 【本社・常石工場】   広島県福山市沼隈町常石1083番地

【東京支店】     東京都千代田区一番町 2-2 一番町第二TGビル 5F
沿革 1903年 常石グループの創始者、神原勝太郎が海運業(現:神原汽船(株))を創業

1917年 広島県福山市沼隈町常石に「塩浜造船所」を創業

1942年 塩浜造船所を改組、常石造船(株)を設立

1958年 初の鋼船「美小丸」を竣工

1968年 20万重量トンの修繕ドックが完成

1984年 TESS40(4万トン型標準貨物船)第1番船竣工

1992年 TSUNEISHI TECHNICAL SERVICES(PHILS),Inc 設立(フィリピン)

1994年 TSUNEISHI HEAVY INDUSTRIES(CEBU),Inc 設立(フィリピン)

2003年 常石集団(舟山)船業発展有限公司および
    常石集団(舟山)大型船体有限公司を設立(中国)

2004年 サムスン重工業(韓国)と包括的業務提携
    広島大学大学院工学研究科と包括的研究協力締結

2005年 常石(上海)船舶設計有限公司設立(中国)
    カムサマックスバルカー1番船竣工

2007年 グループ11社を統合し、ツネイシホールディングス(株)を設立。
    社名を『ツネイシホールディングス(株) 常石造船カンパニー』に変更

2008年 ASTILLERO TSUNEISHI PARAGUAY S.A. 設立(パラグアイ)

2011年 ツネイシホールディングス(株)から11社分社。社名を『常石造船(株)』に変更
    カムサマックスバルカー100隻目竣工

2014年 カーネギーメロン大学との共同研究が始動

2015年 カムサマックスバルカー200隻目を竣工
    (株)三保造船所を子会社化

2017年 常石造船(株)創業100周年
    クルーズ客船「ガンツウ」竣工

2019年 広島大学と包括的研究協力に関する協定を締結
    カムサマックスバルカー300隻目を竣工
    TESSシリーズ500隻目を竣工
関連会社 【海外】TSUNEISHI HEAVY INDUSTRIES (CEBU), Inc.
     TSUNEISHI TECHNICAL SERVICES (PHILS.), Inc.
     常石集団(舟山)造船有限公司
     常石(上海)船舶設計有限公司

【国内】常石鉄工(株)、常石商事(株)、常石エンジニアリング(株)、
     (株)三保造船所、ツネイシクラフト&ファシリティーズ(株)
主な販売先 ●海運会社
日本郵船(株)、(株)商船三井、川崎汽船(株)などをはじめとした日本並びに、欧州、香港、シンガポール、中国、台湾ほか各国の海運会社

●商  社 
三井物産(株)、丸紅(株)、三菱商事(株)、伊藤忠商事(株)、住友商事(株)、双日(株)などをはじめとした商社

●そ の 他 
船舶管理会社など
会社HP https://www.tsuneishi.co.jp/

採用HP https://www.tsuneishi.co.jp/recruit/graduate/
常石グループHP https://www.tsuneishi-g.jp/
【新型コロナウイルス感染症への弊社内対応】 ・社内で感染防止のため、社員へのアルコール消毒、マスク着用を推奨
・テレワーク勤務制度の活用

連絡先

常石造船株式会社 人事部人事グループ
〒720-0393 広島県福山市沼隈町常石1083番地
TEL  0120‐214‐340
MAIL ts.recruit@tsuneishi.com
掲載開始:2022/01/31

常石造船株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

常石造船株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

プレエントリー候補数が多い企業ランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

※リクナビ2023における「プレエントリー候補」に追加された件数をもとに集計し、プレエントリーまたは説明会・面接予約受付中の企業をランキングの選出対象としております。

リクナビTOPへ

プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
プレエントリー候補に追加プレエントリー候補に追加済
プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)