株式会社東洋信号通信社トウヨウシンゴウツウシンシャ

株式会社東洋信号通信社

船舶動静情報提供サービス
業種 その他サービス
コンサルタント・専門コンサルタント/海運/情報処理
本社 神奈川

先輩社員にインタビュー

ポートデータインフォメーション
Y.N(37歳)
【出身】神戸大学  航海学コース 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 サービス商品の制作・メンテナンス
“定期船”の国内寄港スケジュール情報の更新を行なっています。“定期船”とは不特定多数の相手から集荷した貨物を運ぶ船舶です。船舶のスケジュール情報は、中間で貨物を扱う物流業者から最後に貨物を受け取る企業までの、それぞれから必要とされています。したがって多くが使用する“定期船”のスケジュール情報には、多数のニーズがあります。
定期船は天候などの様々な理由から、電車の様に予定通りに運航することはできない為、スケジュールの変更が度々行なわれます。スケジュールの変更に追従し、それを顧客の業務の判断材料として提供することが仕事です。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
船のスケジュール変動を確実につかむ
やりがいは「変動する船舶のスケジュールを追うこと」と感じています。東洋信号通信社のアドバンテージであるリアルタイムに把握した船舶の動向から、当初定められたスケジュールは現実に即したスケジュールへと更新を重ねていきます。この、他では得られないスケジュール情報は、物流業者様などが業務判断する為の重要な情報となります。こうした業者の業務判断の一旦を担うことに、やりがいを感じています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き この会社に決めた理由
大学で学習したことを生かせることが一番の理由になりました。東洋信号通信社の主な仕事の一つが船舶との通信であるので、船舶に関する基礎知識があったことは大きな利点となりました。ただし基礎知識については社内研修でフォローされる為、基礎知識がないことはマイナス要因にはなりません。
 
これまでのキャリア 神戸港グループ(4年)→システムグループ(2年)→ポートデータインフォメーション(現職8年目※5年目からチーフ)

この仕事のポイント

仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

弊社案内をご覧頂いたということは、港湾や海運に興味のあることと思います。ポートラジオという港湾交通に関わる業務を主軸に、船舶スケジュール等のデータサービスを行っております。
ロジスティックスの一端のデータを扱う為、最新データを求める海運を中心とした企業へ貢献しております。
港湾交通や物流に興味がありましたら、是非エントリー下さい。

株式会社東洋信号通信社の先輩社員

船舶情報オペレーター

東京港グループ
R.T
神戸電子専門学校 情報処理学科

オペレーターとして業務マニュアルの作成も!

横浜川崎港グループ
M.K
早稲田大学 第一文学部総合人文学科

船舶や港の安全を情報でサポートする仕事~海と陸を繋ぐ架け橋~

四日市港グループ
T.T
愛知学院大学 法学部法律学科

グループの責任者として

清水港グループ
R.O
関東学院大学 工学部第一部土木工学科

船舶情報オペレーター

横浜川崎港グループ
D.S
神奈川大学 第二経済学部経済学科

東洋信号通信社の情報で働き方改革!

ポートデータインフォメーション
N.S
法政大学 文学部地理学科

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる