株式会社東洋信号通信社トウヨウシンゴウツウシンシャ

株式会社東洋信号通信社

船舶動静情報提供サービス
業種 その他サービス
コンサルタント・専門コンサルタント/海運/情報処理
本社 神奈川

先輩社員にインタビュー

ポートデータインフォメーション
N.S(29歳)
【出身】法政大学  文学部地理学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 東洋信号通信社の情報で働き方改革!
基幹業務であるポートラジオのオペレーターの業務とは異なり、データの販売や顧客対応などいわゆる営業をしています。
私達の部署で扱っている商品は
1.ポートラジオの各現場で収集した船舶入出港情報
2.AIS(船舶自動識別装置)のデータ
大きく分けて2つの商品を取り扱っています。
これらの商品は様々な形でお客様に提供することが出来るので、お客様が何を求めているのかしっかりとヒアリングを行いお客様に満足して頂ける形になるように心掛けています。
また、営業だけでなく新しい商品の企画も出来る部署なので、外回りでお客様とお会いした時には会話を通してニーズを探り、新しく良いサービスが出来ないかと日々模索しています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
お客様からの感謝
やはり、お客様から感謝された時にやりがいを感じます。
その他では、他社様の業務効率を上げることに貢献できているということにやりがいを感じています。
具体的には、弊社で扱っている船舶入出港情報を陸側(船社様、物流業者様、メーカー様、商社様等)のお客様に活用して頂いておりますが、特にコンテナ船を利用する物流業者様では自社内のシステムに弊社のデータを取り込む形で情報を活用して頂いており、業務効率が上がり助かっているとのお声を頂いております。頻繁に感謝の言葉を頂けるわけではありませんが、業務に欠かせないサービスを提供させて頂けることはやりがいだけでなく責任感も感じられます。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 会社の雰囲気
会社見学会でポートラジオという特殊な仕事を目の当たりにして興味を持ったということもありますが、一般大学出身で特に海の仕事に興味が有った訳でもない私がこの会社にした一番の決め手は、面接の際に採用担当等と話しをして会社の雰囲気が自分に合っていると感じたからです。
実際、最初に配属になった三河港Gでは新人でも言いたいことが言える風通しの良い環境で面接の時に感じた感覚に相違なく、この会社に入って良かったと感じました。
 
これまでのキャリア 三河港グループ(3年)→ポートデータインフォメーション(現職3年目)

この仕事のポイント

仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

活動中は色々と辛いこともあると思いますが、説明会などで多くの会社を見られるのは今だけの貴重な時間だと思うので、色々な業界に興味を持ち楽しみながら活動して頂きたいです。
また、ESや面接で自己アピールをする際、取繕わずありのままの自分で勝負することが大切だと思います。そうすることによりおのずと自分に合った会社を選ぶことが出来、入社後のアンマッチも避けることが出来ると思います。みなさんの就職活動が納得の出来るものになるよう願っております。

株式会社東洋信号通信社の先輩社員

船舶情報オペレーター

東京港グループ
R.T
神戸電子専門学校 情報処理学科

オペレーターとして業務マニュアルの作成も!

横浜川崎港グループ
M.K
早稲田大学 第一文学部総合人文学科

船舶や港の安全を情報でサポートする仕事~海と陸を繋ぐ架け橋~

四日市港グループ
T.T
愛知学院大学 法学部法律学科

グループの責任者として

清水港グループ
R.O
関東学院大学 工学部第一部土木工学科

船舶情報オペレーター

横浜川崎港グループ
D.S
神奈川大学 第二経済学部経済学科

オペレーター、システム開発

大阪港グループ
R.K
同志社大学 商学部商学科

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる