株式会社東洋信号通信社トウヨウシンゴウツウシンシャ

株式会社東洋信号通信社

船舶動静情報提供サービス
業種 その他サービス
コンサルタント・専門コンサルタント/海運/情報処理
本社 神奈川

先輩社員にインタビュー

横浜川崎港グループ
D.S(35歳)
【出身】神奈川大学  第二経済学部経済学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 船舶情報オペレーター
当社では24時間365日、世界中から集まる船舶の運航状況や情報をリアルタイムに把握し、その情報を元に日本各港へ寄港する船舶がより安全に、スムーズに入出港できるよう船舶をサポートしており、収集した情報を様々な顧客へ提供しています。私は一昨年まで会社の基幹システムを刷新するためのプロジェクトチームに携わっており、システムが稼働してからは横浜・川崎港グループにてその経験を活かし、顧客や港湾管理者、マーチスなどの各関係先から依頼されたデータの抽出を行ったり、グループ内の仕事の省力化を図るため日々尽力しています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
顧客の業務の省力化を目指して!
私が在籍している横浜・川崎港グループは横浜港がハブ港であるため、入出港する船舶の数が多く、さらに市から委託されたポートラジオ以外の業務もあるため業務過多になりがちなので、顧客のニーズとグループ内の仕事の省力化を図るために日々模索しており、最近では顧客に対しマンパワーで電話にて行っていた船舶動静の実績データの提供をメールにて自動送信するシステムの導入を進めました。その結果、顧客とグループ社員の両方から省力化されたと声を掛けられ、やりがいを感じました。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 社員一丸となって業務に取り組む
少し変わった仕事がしたいと思っていて見つけたのが当社でした。会社見学へ参加した際、社員がお互いに声を掛けあいながら、一丸となって業務に取り組んでいたところに惹かれました。大学も船舶関係ではないので不安でしたが、入社後に丁寧な研修があり、専門的な知識も、通信英語も幅広く会社がバックアップしてくれるところが決め手となりました。専門外の大学で船舶の知識が無くても、そこは心配しなくても大丈夫だと思います。
 
これまでのキャリア 東京港グループ勤務(4年)→横浜港グループ勤務(2年※2年目よりチーフ)→船舶システム開発プロジェクトチーム勤務(3年)→横浜港グループ勤務(現職3年目※チーフ)

この仕事のポイント

仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

入社してからは学生時代に経験できないことがたくさんあり、自分自身の成長に繋がると思います。いろいろと大変なこともあるかと思いますが、頑張ってください。

株式会社東洋信号通信社の先輩社員

船舶情報オペレーター

東京港グループ
R.T
神戸電子専門学校 情報処理学科

オペレーターとして業務マニュアルの作成も!

横浜川崎港グループ
M.K
早稲田大学 第一文学部総合人文学科

船舶や港の安全を情報でサポートする仕事~海と陸を繋ぐ架け橋~

四日市港グループ
T.T
愛知学院大学 法学部法律学科

グループの責任者として

清水港グループ
R.O
関東学院大学 工学部第一部土木工学科

東洋信号通信社の情報で働き方改革!

ポートデータインフォメーション
N.S
法政大学 文学部地理学科

オペレーター、システム開発

大阪港グループ
R.K
同志社大学 商学部商学科

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる