株式会社ケー・エー・シー
ケーエーシー
2023

株式会社ケー・エー・シー

バイオサイエンス研究総合支援事業
業種
医療関連・医療機関
医薬品/医療機器/その他サービス
本社
京都

私たちはこんな事業をしています

人類の健康を支える大切な役割、それが私たちの事業です。製薬メーカーや公的研究機関などのパートナー企業として、in vivoやin vitro実験の受託ほか、研究用生体試料の提供、マウスをはじめとした実験動物の飼育管理受託などを行っており、直接的に研究をするわけではありませんが、新薬の開発や医学の発展のため、「ケー・エー・シーならでは」の技術とサービスで貢献しています。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

バイオ研究のトータルサポートを通じて健康社会に貢献する

バイオサイエンス研究に関して様々な付加価値の高い技術サービスを提供すること、それがケー・エー・シーの使命です。私たちは製薬メーカーや大学・研究機関から依頼を受け、新薬開発や生命科学の基礎研究に対し総合支援事業を行っています。総合支援と一口で言っても業務内容は様々で、in vivo/in vitroの試験受託や各種検査、病理組織標本作製、研究用生体試料の提供の輸入販売、iPS細胞の取り扱い、実験動物の飼育管理および実験支援、関連資器材の製作販売など多岐に渡ります。これらに共通することは新薬開発や基礎研究過程の根底を担う重要な仕事であり、私たちは医療の発展に貢献しているという誇りを感じながら仕事をしています。

仕事内容

新薬開発や生命科学への貢献~その責任と誇りを胸に

受託試験では実験動物に傷を負わせたり、新薬の卵となる被験物質を投与することで、開発に欠かせない様々なデータを収集しています。そのため、動物たちの犠牲を無駄にしないという真摯な気持ちと、研究用データに対する責任と誠実さが求められます。また、試薬提供では、動物に限らずヒト由来の細胞・組織などin vitro試験や動物実験の代替法に欠かせない生体試料を提供しており、高品質な試薬提供は当然のこと、学術情報の収集提供も欠かしません。エッセンシャルワーカーという言葉が注目を集めるように、医療業界の技術革新は大きな課題でもあるため、私たちがリーダーシップを発揮して、より多くの方々の健康に貢献したいと考えています。

技術力・開発力

前例のないことへの挑戦~時代を切り拓くパイオニア精神

私たちがヒト組織を扱うようになったのは、今から約30年前。前例がないところからのスタートでしたが、今では試薬のパイオニアとして多くの製薬メーカーや研究機関から高い評価をいただけるようになりました。他がやっていないことをやる。これは、私たちが仕事をする上で最も大切にしていること。滋賀県に研修のためだけの専用施設を設けたり、社員に大学で学びなおしの機会を提供するなど、特に人材育成については他に例のない取り組みで大きな注目を集めています。実験動物1級技術者資格の取得者数も業界トップクラスの実績。社員一人ひとりの成長を促すことで、社会全体に良い影響を与えていく。それが、私たちの役割だと考えています。

会社データ

事業内容 【バイオサイエンス事業部】
製薬メーカーや公的研究機関のお客様より依頼を受け、様々な試験を受託し当社施設にて実施いたします。お客様の様々なご要望に応えるため、幅広い技術・知識をもって業務を行います。

受託試験)
●in vivo 疼痛試験/アレルギー関連試験/抗腫瘍性試験/リウマチモデル・関節炎モデル試験/中枢神経系・抗ストレスモデル試験/生活習慣病モデル試験/ブタを用いた各種試験/遺伝子改変動物作製/病理標本作製・評価/安全性試験・薬物動態試験/など ●in vitro 各種評価系構築と実施/ハイブリドーマの培養/腹水採取/抗体精製/遺伝子発現解析/ジェノタイピング/細胞培養など

【試薬事業部】
提携する多数の国内外企業から細胞等の研究用生体試料(試薬)を輸入し、製薬メーカーや化粧品会社、公的研究機関などのお客様へ提供を行います。また試薬提供のみにとどまらず学術情報も添えることで、お客様の研究をより専門的に支援しております。

取り扱い試薬)
iPS細胞/ヒト・動物由来細胞株/マイクロゾーム/ヒト肝セルライン/トランスポーター発現細胞株など

【アニマルサイエンス事業部門】
製薬メーカーや公的研究機関などのお客様の動物実験施設の管理運営を受託し、動物飼育や動物を用いた試験の補助を行っております。

受託実績)
●製薬メーカー含む民間企業 21機関 ●大学関係および公的研究機関 18機関
事業展開 40年以上の長い歴史の中で培われた高い技術力をもつ私たちケー・エー・シー。全国トップクラスのシェアである実験動物の飼育管理受託に加えて、実験支援や試験受託など積極的に高い技術やサービスの提供に取り組んでいます。またお客様の求めに応じ、動物に限らず細胞・組織など非実験動物分野にも範囲を拡げ、私たちにしかできない事業で、新薬の開発や医学の発展に貢献しております。
魅力フカボリ!:研修システム 私たちは、自社施設として技術研修所を設け、新入社員の教育をはじめ実験技術者の育成や能力向上をサポートしています。加えて、目的別にコースを設定することでお客様からの高度な技術ニーズにも応えており、なかには遺伝子改変マウスの作出や繁殖に関する技術を身に付け、お客様の研究をより近くで支援し活躍している社員もいます。また、民間企業や研究機関のお客様にも講師を派遣し技術研修を実施しており、業界全体の技術的なレベル底上げにも貢献しております。
魅力フカボリ!:最先端研究に携われる 私たちの仕事の醍醐味は、なんといっても新薬開発や生命科学の分野において、最先端の研究に携われること、またトップクラスの研究者の方々とパートナーとなって仕事ができることです。第一線で活躍するお客様から「新薬の開発につながった」と直接フィードバックや感謝の言葉をいただく機会もあり、私たちがこの事業を続ける原動力となっております。
魅力フカボリ!:パイオニア精神 トップとの距離が近く、やりたいことを直接、すぐに伝えられる社風があります。例えば、「新しい試験用細胞の作成のため、最先端をいく教授から技術を学びたい」という希望が叶い、とある研究機関で就業することになった社員がいます。さらに彼は、就業先で学んだ知識や技術を他の社員へ共有する勉強会も企画しました。
また学会への参加も積極的に行っているので、若手が発表の機会を得ることも多いのが特長です。
ホームページ ■トップページ
https://www.kacnet.co.jp/

■リクルートページ
https://www.kacnet.co.jp/recruit/

■KACマガジン(人事ブログ)
https://www.kacnet.co.jp/kac_magazine/blog/
資本金 3,562万5,000円
設立 1978年11月1日
株主構成 キョーリン製薬グループ工場(株) / 大日本住友製薬(株) / 日本クレア(株) / 日本新薬(株) 等
代表者 代表取締役社長 / 北村 典
従業員数 768名(2021年1月)
資格取得者数 獣医師 17名 / 実験動物技術指導員 22名 / 実験動物一級技術者 132名 / 実験動物二級技術者 383名 (2021年1月)
売上高 47億1600万円(2020年10月)
取引先 民間企業(大手の製薬・化粧品・食品メーカーなど)、大学関係や公的研究機関など200社以上
事業所 【本社】京都府京都市中京区西ノ京西月光町40
【東京支社】東京都台東区上野1-4-4 藤井ビル3F
【生物科学センター/技術研修所】滋賀県栗東市
【阪神配送センター】兵庫県尼崎市久々知西町2丁目1-20
【新型コロナウイルス感染症への対応】 今年度の説明会は、感染リスクを考え下記の通り実施させていただきます。

・少人数制(20名以下)での実施
・会場入り口で、マスクの着用確認およびアルコール消毒の実施
 (マスクが準備できない方には弊社にてマスクを配布させていただきます)
・開催側の弊社社員もマスクを着用の上、運営させていただきます

また、説明会当日に風邪の症状が出ている方、発熱されている方は同日または別日で開催されますWEB説明会へのご参加に変更させていただきます。

なお、説明会への参加には必ず「ご予約」が必要です。当日の予約なしでの参加はお断りさせていただきますのでご注意ください。

学生の皆様の安全第一を考え開催させていただきます。何卒ご了承ください。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)