木内建設株式会社キウチケンセツ
業種 建設
建築設計/不動産/設備・設備工事関連
本社 静岡
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

東京支店建築部工事課係長
古賀師雄(38歳)
【出身】日本大学  生産工学部 建築工学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 図面作成や現場の施工管理を担当。
工事現場で、施工が計画・設計通りにいっているかを管理します。また、設計図面から詳細な施工図面を起こし、その図面を正しく形にするための計画・確認も行います。施主様の期待に応える努力が大切です。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
完成後、施主様から「また次もお願いしますよ」と言われました!
入社9年目の春、マンションの建設に携わったときでした。建設にあたっては施工図を見ながら造るわけですが、すべてにおいて施主様の意向が反映されることが基本です。ですから設計図を見ながら施工図を作る際も、施主様が何を希望していらっしゃるのかを、まず考えます。施主様の希望をどんどん聞き、言われる前に先を読むようにしていました。そしてその結果、建物が完成したとき、施主様から「また次もお願いしますよ」と言われ、感謝状まで頂いたのです。嬉しかったですね。この感謝状は今でも大切にとってあります。この施主様からは今でも継続して仕事を頂いています。相手の期待に応えようと努めることの大切さを再認識しました。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 忙しい時間を割いて現場見学をさせてくれたことに感激。
両親も建築関係の仕事をしていたので、子供の頃からこの業界には興味がありました。大学に入る前から建築関係の仕事に就きたいと意識し、大学では建築学を学びました。建築現場でアルバイトしたことも何度もあり、その経験を仕事に活かせるとも思い、最初からこの業種に限って就職活動をしていました。当社の面接の申し込みに行った日に、まだ内定ももらっていないのに「現場を見たいですか」と聞かれたのです。「見たいです」と答えると、忙しいのにわざわざ時間を割いてくださり、本当に現場を見せてもらうことができました。そのとき所長とも話すことができ、このことがやはり印象に残り、当社を選ぶ決め手となりました。
 
これまでのキャリア 東京支店建築部工事課で工事現場の施工管理の仕事(今年で16年目)

この仕事のポイント

職種系統 施工管理
仕事の中身 地図や歴史に自分が関わったものを残せる仕事
仕事のスタイル 何人もの人を動かすリーダーシップが問われる仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 人を動かしたり、管理する能力が身につく仕事
特に向いている性格 段取り上手な人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

仕事は毎日のことなので、自分の好きなことでないと続かないと思います。会社を選択するときも、自分の好きなことにつながる何かがあるところを選ぶのが基本ですね。好きなことであれば、困難も困難とは思わず、それを解決することに夢中になれますし、ストレスや苦痛を感じることもないでしょう。自分は何が好きなのかを見つめ直し、それを明らかにしていくことで、就職先もおのずと見えてくるのではないでしょうか。

木内建設株式会社の先輩社員

建築現場での施工管理。

本店建築部工事課 主任
米澤幸一
法政大学 工学部 建築学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 説明会・イベント予約
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる