スマートキッズ株式会社スマートキッズ

スマートキッズ株式会社

Z会グループ/障がい児福祉
業種 教育関連
福祉・介護/出版
本社 東京

先輩社員にインタビュー

スマートキッズ事業部門
匿名(23歳)
【出身】大阪成蹊大学  教育学部 教育学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 子どもたちが来る前から、教室で楽しく過ごすための準備がはじまっています
スマートキッズでは未就学児向け、小学生向け、中高生向けとそれぞれ教室を運営していますが、私は小学生向けの教室に所属しています。私の仕事は、子どもたちが来る前から始まっています。子どもたちが入室する前の時間は、スタッフ内で前日の子どもたちの様子を共有したり、療育活動内容を話し合ったり、その他地域の関連機関と連携したりなどしています。私たちは児童福祉法に基づくサービスを提供しているので、書類整備も大切な仕事です。子どもたちの様子を記録し、保護者の方に印鑑を頂くなど先輩と一緒に責任を持って取り組んでいます。私たちの教室には、その日どんな活動をしたか保護者にお話することが難しい子どもたちも利用しているため、連絡帳は保護者の方にとって重要な情報源です。そのためしっかりと記入してご報告をしています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
「子どもたち」も「スタッフ」も大切にしながら教室運営をしています
今までできなかったことができるようになることや、子どもたちが笑顔になることが嬉しいです。例えば、4月5月はスマートキッズに通い始めたばかりで「もうやだ~」と個別課題に取り組めなかった子どもも、段々とスマートキッズに慣れてきて今では自分から宿題に取り組めるようになりました。なにか「できた」があったときには、「できたよ~」と報告をもらえるのも嬉しい瞬間。所属しているスマートキッズプラス三郷第二は、子どものためはもちろんのことスタッフが効率よく業務をするためにも「見える化」の工夫が随所にあります。そういった工夫にも「子どもも大切、働くスタッフも大切」という教室長の考えを感じています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 経営理念への共感とそれに基づいた子どもたちへの支援体制が決め手でした
もともと教員を目指していましたが、最終的にはスマートキッズへの就職を決めました。教育実習の中で「子ども30名」に対して「教員1名」を経験したときに、発達に課題がある子どもがいて「発達に課題のある子どもたちの力になりたいな」という想いが芽生えたのがキッカケです。少人数制で子どもに関われる点、会社の理念である「教育の力により子ども一人ひとりの力を最大限支援すること」に共感して応募しました。そして選考過程にあった業務体験の中で、理念に沿いながら個々の特性にあった関わり方をしていると感じたことが入社の決め手です。入社後は経験の幅を広げたいと考え、関西出身ですが関東エリアでの配属希望をして今に至ります。
 
これまでのキャリア 児童指導員(1年目)

先輩からの就職活動アドバイス!

放課後等デイサービスだけで考えても、たくさんの事業所があり、それぞれに特色があります。児童福祉に携わりたいと考えている方は、可能であれば見学したり実際に働いている方の話を聞くことをお勧めします。理念や取り組み、考え方など、実際に見て聞いてみることで多くの事を感じ取ってください。応援しています!

スマートキッズ株式会社の先輩社員

子どもたち・ご家族のために、なにができるのか日々真摯に向き合っています

スマートキッズ事業部門
匿名
首都大学東京大学院 人文科学研究科 人間科学専攻 臨床心理学分野

専門性の高い個別療育で、新しいスマートキッズの支援を作り上げています

スマートキッズ事業部門
匿名

子ども一人ひとりの状況把握と管理者代行として教室運営を支えています。

スマートキッズ事業部門
匿名
東京家政学院大学

子どもたちの成長がとても嬉しいです!

スマートキッズ事業部門
匿名
創価大学 教育学部/教育学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる