八州建機株式会社ハッシュウケンキ

八州建機株式会社

建設/基礎部門・鉄筋加工部門
業種 建設コンサルタント
建築設計
本社 千葉
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

T・Y(27歳)
【年収】非公開
これが私の仕事 大型ドリルなどの重機を操作し、杭を打つための下地を整えています。
2020年の1月より相模原の現場で、
当社の8人、協力会社の10~15人と一緒に作業しています。

当社のうち2名は、元請けと話し合いながら作業を決める「施工管理」、
ほか4人は、掘削に使うケーシングパイル(丸い菅)を圧入する「全周機オペレーター」、
「クローラークレーンオペレーター」、「バックホー(ユンボ)オペレーター」、
「手元(補助作業)」という内訳です。

今回の現場は、杭打ちは他社の担当のため、私たちは杭を打つための準備をしています。
具体的には、杭を打つ際に邪魔になる玉石を除去する作業です。
大型ドリル、グラブホッパー、クローラークレーンなどを使い、
ケーシングパイルを入れながら、地中12~13mまで穴を掘ります。
1ヶ所につき、作業時間は1時間半~2時間ほどです。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
2年目の私を信じて、先輩が重要な作業を任せてくれたこと。
それは入社2年目で携わった日本橋の現場で、
ハンマーグラブという機材のワイヤー交換を任された時のことです。

ガスバーナーで古いワイヤーと新しいワイヤーを溶接するのですが、
失敗するとワイヤーが切れる恐れのある難しい作業です。
いま先輩の立場になって当時を振り返ると、
キャリアの浅い後輩によく任せてくれたなと思います。
きっと、とても心配だったはず。
それでも私を信じて任せてくださったことを嬉しく思います。

このほかにも、同じく2年目で海外の現場に携われたりと
八州建機は若手にもどんどん仕事を任せてくれる社風です。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 仕事内容に惹かれたから!
もともと身体をつかう仕事に就きたいと考えており
建設関係の仕事に興味を持っていました。

求人で八州建機を見つけ、
その時はまだ詳しい事業内容は分かっていませんでしたが
機械を操作して地面に穴を掘るという仕事が面白そうだなと。
ほかにも目に留まった会社はありましたが、
八州建機が一番面白そうに感じたので入社しました。

実際に、いろいろな現場を経験できて面白いです。
特に入社2年目に携わったベトナムの現場は
日本とは違い上手く進まないことが多く大変でしたが、
良い経験になりましたね。
 
これまでのキャリア 2011年入社の8年目。
1年目は手元工として一連の業務を学ぶ。
2年目以降、さまざまな現場で経験を積み、現在は施工管理として活躍中。

この仕事のポイント

職種系統 施工管理
仕事の中身 生活基盤や社会インフラを作り上げる仕事
仕事のスタイル ニッポンを飛び出して、海外の人と働く仕事
仕事でかかわる人 海外の人と接することが多い仕事
仕事で身につくもの 人を動かしたり、管理する能力が身につく仕事
特に向いている性格 段取り上手な人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

他社で働く友人の中には、
「実際に働いてみたら話が違った」と入社を後悔している人もいます。
そんな風に入社してからギャップを感じるともったいないので、
事前にきちんと会社について調べることをオススメします。

そのためには、会社のシステムや制度が
オープン(明らか)になっているかを見ると良いと思います。

八州建機株式会社の先輩社員

入社2年目から、「工事を仕切る」仕事をしています!

K・I
江戸川大学 メディアコミュニケーション学部 情報文化学科

場所打ち杭工事の現場で、重機のオペレーターと協力して作業しています。

N・U

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる