ダーレー・ジャパン・ファーム有限会社ダーレー・ジャパン・ファーム

ダーレー・ジャパン・ファーム有限会社

競馬 競走馬牧場 乗馬 海外 外資 Godolphinゴドルフィン
業種 農林
レジャー・アミューズメント・パチンコ/スポーツ・フィットネス・ヘルス関連施設/その他サービス
本社 北海道
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

ゴドルフィン道場
匿名(18歳)
【出身】北里大学  獣医学部・動物資源学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 各部門をローテーションする1年目。部門ごとの面白さと馬のかわいさを実感
繁殖部門(競走馬の母親とその年生まれた仔馬を扱う部門)イヤリング部門(1歳馬)育成部門(2歳以上の馬)の三部門を回って仕事を学んでいます。繁殖部門では、繁殖シーズン中は毎日お産の兆候を確認しています。お産が近づいてくると安産を願ったり、仔馬がオスなのかメスなのか考えたり毎日楽しみです。イヤリング部門では、母馬と離れた仔馬とコミュニケーションを取り、人を乗せる準備や人の指示に従うことなど、沢山のことを教えていきます。馬にも個性があるので、尊重しながら、優しく教えることが面白く、馬が理解してくれた時が一番嬉しいです。育成部門では、調教と呼ばれるトレーニングをしています。まだ実際に乗ってはいませんが、馬の世話をしていく仕事でも馬の成長を感じます。そんな時に馬がさらにかわいく見えて、楽しくなります。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
馬が人を乗せるには準備が必要。大切な仕事に1年目から携われました
入社から今までで一番嬉しかったことは、ブレーキングの前段階を経験できたことです。ブレーキングとは人を乗せたことのない馬に人が安全に乗れるようにすることです。その前準備として、ウォーキングマシンと呼ばれる機械に馴らしたり、鞍を固定する腹帯を着けた時の感覚に馴らしたりします。馬にとっては初めての経験となり、とても大事な仕事です。そんな仕事を一年目から経験出来たことと、馬が無事に次のステップに進めたことがとても嬉しかったです。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 比べてわかった、一緒に働くスタッフの雰囲気。これが決め手でした。
私がこの会社に惹かれたのは、仕事している時の雰囲気が良かったからです。他の牧場さんも回ったなかで一番自分が楽しく仕事ができそうと思いました。スタッフは皆さん個性的で面白く、楽しそうにしていながら、きっちりと仕事はこなしていてとてもかっこよかったです。自分もこのような仕事ができたらと思いました。人の雰囲気で馬も変わってくと思っているので馬にとってもいい環境なのではないかと思い入社を決めました。
 
これまでのキャリア 全体研修を経た後、育成部門(3ヶ月)→イヤリング部門(3ヶ月)→繁殖部門(3ヶ月)と各部門をローテーション

この仕事のポイント

仕事の中身 趣味・プライベートシーンを楽しくする仕事
仕事のスタイル ニッポンを飛び出して、海外の人と働く仕事
仕事でかかわる人 動物と接する仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 ヒトの気持ちを理解し、相手に合わせた対応がとれる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

なるべく沢山の会社の説明会やインターンシップに行ってみるべきだと思います。私も最初はとある別の牧場に行きたいと思っていましたが、牧場毎に雰囲気だったりやり方だったり、福利厚生だったりかなり違いがあり、最終的にいまの会社に決めました。しっかりと比較することが大事だと実感しています。

ダーレー・ジャパン・ファーム有限会社の先輩社員

生き物相手の仕事は、日々試行錯誤の連続

ゴドルフィン道場
匿名
東洋大学 経済学部経済学科

競走馬になる準備段階にあたる、とても重要な仕事

ゴドルフィン道場
匿名
青山学院大学 経済学部経済学科

研修プログラムのなかで、各部門をまわり競走馬の手入れを学ぶ

ゴドルフィン道場
匿名
清和大学 法学部法律学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる