伊藤忠マシンテクノス株式会社イトウチュウマシンテクノス

伊藤忠マシンテクノス株式会社

伊藤忠グループ/自動車、航空機、鉄道、食品、医薬品機械
業種 商社(総合)
商社(機械)/機械
本社 東京
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

環境・エネルギー部
M.Hさん(2013年入社)
【出身】政治経済学部 経済学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 これからの地球環境に欠かせない最新鋭のボイラーを扱っています。
バイオマスボイラーって聞いたことありますか? 普通、ボイラーは重油・灯油・ガスを燃料としています。でも、このバイオマスボイラーは、木くずや紙くずなど各種廃棄物が燃料。その分、CO2を大幅に削減できるし、お客様にとってはコストカットにもつながります。これからの環境社会にとっては不可欠なソリューションのひとつとして注目を浴びているこのボイラーをお客様に提案するのが僕の仕事。
ボイラーは、製造工場なら業種業界を問わずどこでも使用されるものです。だから、僕の関わるお客様に業界の壁はありません。会社も違えば、担当者のタイプも様々。今はまだ先輩に教えてもらいながら営業ノウハウを学んでいるところです。専門用語が多く、わからないことだらけの毎日ですが、先輩に食らいつきながら必死で勉強に励んでいます。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
まだ一度も満足したことはない。ただ理想を追いかけるだけです。
正直に言えば、まだまだ力不足を痛感するばかり。嬉しかったと心の底から思える出来事は経験できていません。だからこそ、諦めたくないし、もっともっと成長したいと思うんです。
周りにいる先輩は、みんな文系出身でも専門の技術者を相手に対等にやりとりしている方ばかり。その知識量には日々驚かされています。中には、あるメーカーの社長から「君に全部任せるよ」と全幅の信頼をいただいた先輩もいるくらいです。そんな方たちを見ていると、とても今の自分に満足はできません。
お客様から信頼を築く上で大切なことは、こまめに連絡をとり、どんな問い合わせにも丁寧に対応すること。地味ですが、その小さな取り組みが大きな信頼につながっているんです。だから、僕もとにかく愚直にひとつひとつのことを取り組んでいきたいと思います。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き メーカーではできない、商社だからできる仕事がしたかった。
「なんでメーカーじゃなくて商社なの?」
これは、僕が就職活動の中で実際によく受けた質問のひとつです。メーカーは、どうしても提案できるのが自社の商品に限られてしまう。だけど、商社なら世界中のメーカーからお客様の課題に最適なソリューションを提案できる。そこに面白さがあると思うんです。メーカーとお客様をつなぐ架け橋になりたい。そんな想いから、僕は商社を中心に就職活動を行っていました。
中でも当社は扱っている製品の規模も大きく、この社会の重要な歯車を担っていることが非常に魅力的でした。テレビ番組でもよく食品の製造工場の様子がオンエアされていたりしますよね。そんなところに、当社が提供した機械が映っているのを目にすると、少し誇らしい気分になります(笑)。
 
これまでのキャリア 環境・エネルギー部

この仕事のポイント

仕事でかかわる人 企業を相手に商談を行う仕事
特に向いている性格 何事にも粘り強さで勝負する人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

とにかく妥協しないこと。みなさんに言えるのは、それだけです。僕自身も実は当社から内定をもらう前に、ある会社から内定をいただいていました。周りが次々と内定を決めている頃で、僕の中にも焦りがあった。だから、決してやりたいことではないけど、承諾しようかと悩んだこともあったんです。でも、今となってはこの仕事に出逢えて良かったと心から思える。だから目先の不安にとらわれず、納得いく会社が見つかるまで就職活動を続けてほしいと思います。

伊藤忠マシンテクノス株式会社の先輩社員

生活の中でもよく目にするフィルムの製造に関わっています。

T.Kさん(2013年入社)
法学部 政治学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる