株式会社クボタ建設クボタケンセツ

株式会社クボタ建設

【クボタグループ/総合建設業/水インフラ/海外工事】
業種 建設
建設コンサルタント/建築設計/水道/その他サービス
本社 大阪
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

中部支店工事グループ
稲垣 雄馬(23歳)
【出身】富山県立大学  工学部 環境・社会基盤工学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 建設現場での施工管理
現在当社が強みとしているミニシールド工事に従事しています。日々行っている業務には、測量があります。測量ではその日の出来形と次はどう掘進するかを決める重要な業務となります。私は学生の頃より測量を学んでいましたが、実際に仕事に活かせていることに喜びを感じています。また、日々測量している中で、自分が実際に施工したものが目に見えて出来上がっていくことがとてもうれしく感じながら、業務に励んでいます。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
様々な経験と目に見える達成感
ひとつ前の現場で基礎工事を行っているとき、1年目ながら色々な仕事を任せてもらいました。
 例えば、場内での光波を用いた位置出し測量やCADを用いた図面の作成、生コンの数量計算や発注を行いました。当時は初めてやることばかりで、とてもあたふたしていたのを覚えています。そんななかで先輩に教えてもらいながら、少しずつ理解し、わかることが増え、日に日に仕事が楽しくなりました。業務の中でも最もうれしかったことは自分が測量した位置にモノができていることです。
 日々現場まわりの景色が、自分のした仕事よって変わっていく様子を見て、それが人の役に立つと考えるととてもうれしかったです。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 現場の雰囲気が良い
私は幼少の頃より父親の影響で土木に興味があり、土木に携わる仕事に就くことは決めていました。そんな中で教授の紹介でこの会社を知り、実際に現在私が携わっているミニシールド工法を行っている現場に見学に行きました。そして実際にそこで働いている人の話を聞きました。そこで日々の業務ややりがいなど話を聞くなかで、ここなら自分が学んだことを活かしつつ、やりがいを感じながら、社会に貢献できるのではないかと考えました。
 また、最大の決め手となったのは僕がそこで感じた現場の雰囲気です。そこでは、同じ会社の人はもちろん、協力会社の方ともとても良い雰囲気で作業をされていました。そして今実際に働いてみて自分が思っていた以上にみんなが協力しあい、先輩後輩関係なく意見の言い合えるとても良い環境で仕事ができています。
 
これまでのキャリア 施工管理(現職・今年で1年目)

この仕事のポイント

仕事の中身 地図や歴史に自分が関わったものを残せる仕事
仕事のスタイル 自分の仕事を自分で決めていく仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 人を動かしたり、管理する能力が身につく仕事
特に向いている性格 大勢の人と協力しながら進めるのが好きな人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

実際に働いている人に聞くのが一番!妥協はせず、本当に自分がなりたい自分になれるか考えよう。

株式会社クボタ建設の先輩社員

主に上下水道の建設業 工事における施工管理

西日本支店工事グループ
小島 翔太
鳥取大学 工学部 社会開発システム工学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 説明会・イベント予約 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる