飯能信用金庫
ハンノウ
2023

飯能信用金庫

金融/資産運用/保険/証券/法人/個人/信金/投信/投資信託
業種
信用金庫・信用組合・労働金庫
その他金融
本社
埼玉

私たちはこんな事業をしています

~「ひと、まち、きずな大切に。」をキャッチフレーズに人と人との「つながり」を大切にしている信用金庫です~
「はんしん」は、埼玉県西部と東京都多摩地区を主な営業区域とし、地場産業となる木材・繊維業者、関連商工業者を対象に1951年に設立されました。以来、地域密着型の金融機関として、中小企業や住民を会員として預金、融資業務等で信頼を築き上げてきています。

当社の魅力はここ!!

魅力的な人材

3つの「つながり力」で、地元を大切にします。

埼玉県西部と東京都多摩地区を中心に「はんしん」の愛称で親しまれている地域密着型金融機関、それが飯能信用金庫です。1.はんしんとお客さまとの「つながり力」、2.お客さま同士の「つながり力」、3.職員同士の「つながり力」、この3つのつながり力を強化することにより、地域の活性化や地元との絆を深めていき、お客さまに信頼される良きパートナーになりたいと「はんしん」は考えております。地元とのつながりを大切にし情熱を燃やすことが、地域密着型金融機関の使命であり役割です。そこには必ずやり甲斐のある仕事を見つけ出すことができるでしょう。

戦略・ビジョン

中期経営計画チャレンジ2020

お客様のライフサイクルやライフステージに応じて課題解決を行う「四次元的地域密着型金融」の展開を中心とした六つの重点施策(収益を柱とする経営効率・生産性の向上、四次元的人財開発、経営管理態勢・営業基盤の強化、ブランディング化と地域貢献等)を掲げ、法人・個人向けの金融サービスを拡充し、「最初に頭に浮かぶ金融機関」を目指しています。地域に一番密着した信用金庫にとっては、金融機関の環境激変をチャンスと捉え、「4つのC(Chance好機・Challenge挑戦・Change変革・Collaboration協働)」を掲げ、弊金庫のDNAである「真面目」で「誠実」を強みとして、チャレンジを続けていきます。

社風・風土

私たちの強みは「営業力」です。

弊金庫の一番の商品は、「信頼」です。「全員営業」のスタンスでお客様との長期的な取引と信頼関係を構築して、コンサルティング営業のプロとして四次元的地域密着型金融を展開し、顧客サービスの向上を目指しています。1.マナー・礼儀・倫理観の向上を図る基礎研修、2.コミュニケーションスキルを向上させるための研修、3.その他専門知識習得のための研修等、入庫後の研修も充実しており、自身の能力開発の為に「土曜セミナー」「任意通信教育講座」等の自己啓発に取り組む職員も多く、一人ひとりがキャリアデザインを意識して仕事に取り組んでいます。

会社データ

事業内容 信用金庫法に基づく金融業務(預金、融資、為替、証券、投資信託、保険募集業務)、各種代理業務、公金・公共料金の収納業務
設立 1951年7月
出資金 17億円(2020年9月末現在)
預金量 1兆3,321億円(2020年9月末)
職員数(パート含む) 1,031名(2020年9月末)
事業所 本部・本店営業部/飯能市栄町
支店/埼玉県および東京都に44支店(2出張所を含む)
代表者 理事長 松下 寿夫
関連会社 (株)はんしんリサーチ
平均年齢 37歳(2020年10月末)
平均勤続年数 14.7年(2020年10月末)
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)