日本アビオニクス株式会社ニッポンアビオニクス

日本アビオニクス株式会社

東証2部上場/ものづくり/メーカ/防衛/航空
  • 株式公開
業種 総合電機(電気・電子機器)
機械/重電・産業用電気機器/半導体・電子部品・その他/精密機器
本社 神奈川

先輩社員にインタビュー

赤外線サーモグラフィ事業部 アプリケーション技術部
松本昂大(31歳)
【出身】日本大学  理工学部 物理学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 赤外線サーモグラフィ装置とAI開発
COVID-19感染対策として、昨今、注目され始めた温度スクリーニングシステムの開発に携わりました。赤外線サーモグラフィが測定できるのは、実際の体温ではなく体表面温度であるため、体表面温度から体温を推定するためのアルゴリズムを開発しました。
体表面温度は、日射や環境(外気温)の影響を強く受けます。
開発に際して、日射や外気温に依らない装置とするため、環境を模擬する環境試験室やデータ取得を行い、体温推定値の改善を行いました。家畜の体調管理等で活用するAIの開発にも携わりました。家畜の体調管理に赤外線サーモグラフィが使われています。
屋外で飼育している家畜では、太陽などの影響で体表面の温度の上昇が見られます。
データ取得からAIアルゴリズム、SWの開発まで行い、太陽などの影響をなくすシステムを開発しました。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
AIにより、お客様の課題を解決できた
赤外線サーモグラフィを使用する上で、ノイズをいかに排除するのかが、課題の一つでした。
これまでは、センサや基板などのカメラ内部構造の改善、取得したデータから必要なデータを抽出する方法に注力していました。
この課題へAIを活用することで、温度のデータをデータ群と認識させ、そのデータ群から異常なデータや有用なデータを取り出す方法を見つけることができました。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 熱が画像で表示される
研究室では、レーザを用いた目標物の熱計測を担当していました。
レーザを用いる方法は、点(線)での測定となることや幾つかの計算が必要になるなど、すぐに温度を知ることはできず、面倒に感じていました。
そんな時、隣の研究室で見かけたのが赤外線サーモグラフィでした。
熱情報が画像(面)として、すぐに表示されていたのです。
衝撃を受けるとともに、そのカメラに書かれたAvioの文字で入社を決めました。
 
これまでのキャリア 赤外計測事業部 技術開発職
→出向 技術開発職
→赤外線サーモグラフィ事業部 技術開発職
→電子機器事業部 技術開発職
2020年10月~現在 赤外線サーモグラフィ事業部 技術開発職

先輩からの就職活動アドバイス!

文章では伝わらない部分が一番大事だったりします。
文化祭やオープンキャンパスで学校の雰囲気を感じるのと同様に、会社説明会等で実際に働いている人と接し、会社の雰囲気を感じてください。
働いているのは人です。

日本アビオニクス株式会社の先輩社員

艦船搭載機器の開発(ハードウェア)

情報システム事業部
匿名
芝浦工業大学 電気電子情報工学

防衛・宇宙向け製品の構造設計。

情報システム事業部 生産技術部
塚本 大生
理工学部 航空宇宙工学科

赤外線サーモグラフィの開発

赤外線サーモグラフィ事業部 アプリケーション技術部
杉崎貴士
茨城大学 理工学研究科 情報工学専攻

赤外線サーモグラフィ機器開発、研究

赤外線サーモグラフィ事業部 機器技術部
寉田旭人
千葉工業大学 電気電子情報

接合技術の追求(顧客実験、アプリ研究)

接合機器事業部 アプリケーション技術部
橋本 博人
青山学院大学 理工学部 化学・生命科学科

接合技術アドバイザー

接合機器事業部アプリケーション技術部
西原 峻吾
東京電機大学 工学部情報通信工学科

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる