東京エレクトロン デバイス長崎株式会社トウキョウエレクトロン デバイスナガサキ
業種 半導体・電子部品・その他
コンピュータ・通信機器・OA機器/精密機器/総合電機(電気・電子機器)
本社 長崎

先輩社員にインタビュー

開発設計部 設計二課
重村 公則(28歳)
【出身】長崎大学  大学院工学研究科 情報工学コース 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 電子回路設計
電子回路設計を行っています。内容としては製品の仕様検討、部品選定、回路設計(電子回路、プログラマブルデバイス)、生産設計、試験、評価など、製品をゼロから創り上げるための多岐に渡る業務を担当しています。例えば、画像検査装置設計。食品加工のラインで製品の良品と不良品を判断する装置の設計を担当しました。毎年秋ごろの納品に合わせてその前の冬の時期に設計段階まで完了させておく必要があります。外部の関係者とのやり取りも発生するのでスケジュール調整に苦戦することもありますが、最近はずいぶんと慣れ、段取り良く業務を進めることができるようになりました。(笑)
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
自分のスキルアップを日々感じられる職種!
製品ごとに対象(電力、光)が変わるため、自分の専門外のことも多くありました。初めて仕事を任された時には解らない事だらけで業務すべてにつまづいていました。そんな時、先輩や関連部署の人たちに相談しながらなんとか形にし、苦労して設計したものが出来上がったときは達成感とうれしさで胸がいっぱいになったことを覚えています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き ”ものづくり”のすべての工程に携わることができる!
弊社は工場を併設しており、製品の設計~製造、出荷まで一貫して行っています。細分化された仕事ではなく、”ものづくり”の全ての工程に関わることができることに魅力を感じました。実際に覚えることは多くありましたが、細分化された仕事をしているよりも仕事の理解度が深まりますし、日々新しい知識を得ることができるので「技術者」としての自分のスキルアップにもつながります。
 
これまでのキャリア 入社後、蓄電システム評価、エネルギーマネジメント装置設計、画像検査装置設計、ラインセンサカメラ設計に従事。入社5年目

この仕事のポイント

職種系統 機械・電機・電子機器設計
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事で身につくもの 新しいモノを生み出す力が身につく仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

能動的に動くこと。これが私からのアドバイスです。就職活動期のみの話だけではなく、自分の頭で考え行動することを癖付けておくことが、社会人になったいまとても役に立つと感じています。今は情報社会でたくさんの求人情報がネットにあふれています。自分にとって必要な情報を取捨選択し、悔いのない選択ができるようたくさん考えて動いてください。

東京エレクトロン デバイス長崎株式会社の先輩社員

自社製品の開発製造

開発設計部 開発課
藤澤 暁
熊本大学大学院 工学部情報電気電子工学科 自然科学研究科

自社製品の統合管理システムの開発

開発設計部 ソフト課
野口 篤史
長崎大学 工学部 電気電子工学科

ソフトウェアの開発・設計業務

開発設計部 ソフト課
野添 恭平
長崎大学 工学部 情報工学科

製品の新規開発と設計変更を担当しています

開発設計部 開発課
長與 侑磨
琉球大学 工学部 電気電子工学科

全体的な仕事の流れを掴み、ひとつの業務に活かす

開発設計部 設計二課
中田 恭平
福岡大学 工学部 電子情報工学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる