三明電子産業株式会社
サンメイデンシサンギョウ
2023

三明電子産業株式会社

三明グループ
業種
総合電機(電気・電子機器)
精密機器/半導体・電子部品・その他/機械/重電・産業用電気機器
本社
静岡
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
総合評価 - 評価が高い項目 -

私たちはこんな事業をしています

「モーション&メカトロニクス」をテーマに、コア技術の「モーションコントロール制御技術」を核に先進の電気・電子技術の開発・設計・製造までを社内で全てを完結させる総合メーカーです。モーター駆動制御では世界NO1の全自動いか釣り機。ナノテクノロジー分野では精密機械の精度の高さを武器としてます。近年はロボットによるピッキング・画像による検査装置・AGVの制御等の省力化・無人化による事業にも注力しております。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

小さな技術から、メカトロニクス世界を革新したい!

世界最小Siサーボ、Cuty Axis、FAシステム制御、Windows CE、Para Robo、ナノ微細加工技術、海洋ロボット、省エネ制御システム製品等の開発、設計、製作を事業として展開しています。サーボ(Servo)の語源はラテン語の"servus"(奴隷)から由来しています。サーボを簡単に説明すると、指示した位置や速度にすばやく追従させる制御をおこなう装置といえます。高速に繰り返し指定した位置に移動することを得意としており、その特性から、ファクトリーオートメーションやロボット分野では欠かせない技術となっており、半導体や液晶パネルを製造する製造装置のほとんどに使用されています。

戦略・ビジョン

技術は人づくりから。成果が見えると「ひとのやる気」も高まる。

当社はモータを回すサーボ制御技術・機械をコントロールする装置技術を軸に、オンリーワン製品を開発・設計・製造まで行うメーカーです。 【人の手の動きを再現したい】【人の役に立つ仕事をしたい】【皆の力で開発】【中小だからできる開発】・・独自の技術で勝負。メカトロニクス技術を追究。 1、世界NO1「全自動いか釣り機」 2、ナノテク関係の装置開発 3、パラロボとセンサー技術の開発 4、移動型人協ロボットの開発 5、試験・検査の各種装置などの開発に着手。これら開発には「ひとづくり」が必要です。社員間の風通しが良い環境が、当社の長所である社員定着率の高さに繋がっています。

社風・風土

好奇心、創造力、社員同志のキヅナ

皆さんが正式配属後には5~10年勤続の先輩が必ずつきます。先輩達は優しく面白く知識も豊富にありますので安心して下さい。 【仕事のOFFを楽しく⇒ONが充実】そして、完成された人材を求めたことは一度もありません。 人材は入社後に育て上げていけばよく、みなさんに望むのは向上心と好奇心を絶えず持ち続けてもらいたいのです。  若手スタッフの柔軟で独創的なアイデアを吸い上げ、自由に発言できる職場環境が整っています。基礎的な教養はもちろん必要ですが、世の中の動きにどれだけ興味を持っているか。 こだわりと理解追求がより自分を成長させます。

会社データ

事業内容 ■メカトロニクス制御システム・FAシステムの開発・設計・製造専門メーカー
■モーター駆動をコントロールするサーボ制御装置・産業機械用NC装置の開発・設計・製造
■パラレルリンクロボット「世界トップのオンリーワン製品「全自動いか釣り機」 開発・設計・製造
■ナノ微細加工制御・研究装置の開発・設計・製造
■人型外観検査システム「けんたくん」 開発・設計
■無人・省力化画像検査装置・ピッキングロボット・AGV装置 設計・製造
■板金・塗装加工設計・製造
設立 1970年10月21日
資本金 1,200万円
従業員数 117名(2021年4月)
売上高 24億円(2020年度実績) 
代表者 代表取締役社長 久保田和俊
事業所 ■本社/サーボ工場
    静岡県静岡市清水区清開
■清地工場
    静岡県静岡市清水区清地
関連会社 株式会社三明、三明機工株式会社
平均年齢 40歳
取引先 海外・国内メーカー及び大学・研究機関などへ展開
社内行事・スポーツ交流  充実した社内イベントやスポーツ交流で積極的に社員の親睦を図ります
 
いつも仕事をしている仲間と仕事以外でも積極的に交流してとても盛り上がります

【慰安旅行】
   2年に1回、従業員全員で慰安旅行に行っています。
  行き先は、東京・横浜や大阪など様々ですが、観光バス3台で、日頃、仕事を共に行っている
  仲間と一緒に楽しい時間を過ごします。普段の仕事の中では見れないような、一人一人の
  意外な一面を見ることができ、毎回、新しい発見や感動を与えてくれる旅行です。

【コミュニケーション】
   全社員での交流としては新年会、4月/総会後の決起懇親会。
   これ以外では部署毎に懇親会を年/2~3回計画、実施。
   仕事のオンオフを切りかえに・・・・上下関係と仕事の話は禁句で・・・
   皆のつながりを高め、翌日から活力にする事で楽しい職場を目指します。

【バーベキュー大会】
  毎回、年度初めの全社総合会議の後に決起集会と新入社員の歓迎会を兼ねて
   サーボ工場の駐車場を使用してバーベキュー大会を行っています。
   勿論、全社員参加。普段、別の仕事をしている人たちとも話ができ、
  (上下関係と仕事の話は禁句で・・)良い社内コミュニケーションの場となっています。  
地域・社会貢献活動 【地域・社会の発展に寄与する活動を推進し、地域に貢献しています】

   ボランティア活動やお祭りなどのイベントに積極的に参加し、環境負荷低減や社会の発展
  の為に、地域に根付いた企業活動を行っています。

【清水みなと祭り】
   清水みなと祭り「港かっぽれ」総おどりとは、毎年夏に行われる参加総数2万人を超える
  大規模な市民総踊りです。音楽、踊りプロデュースはかの有名な「宇崎竜堂」さんです。

   三明グループの若手社員を中心に、毎年、清水みなと祭りの総踊りに参加しています。毎年
  2か月ぐらい前から、清地工場も、サーボ工場も先輩社員が先生となり、若手社員たちが練習
  を行っています。本番では、総踊りに参加しない人たちも応援にかけつけ、みんなで清水最大
  の夏の祭典を楽しみます。

【地域ボランティア活動への参加】
   ・・・今年も興津川清掃、三保の松原砂浜清掃。
   また年1回、各工場周辺の歩道や地域公園清掃実施。
      日頃、お世話になっている地域に感謝を込めて清掃活動を行っています!
小集団・改善活動 従業員全員が知恵と工夫を出し合うことが
より良い製品を作り出すことだと私たちは考えます。

【小集団活動】
   三明電子産業ではQC活動の一環としまして「小集団活動」という活動を推進しています。
  これは、従業員が数名でチームを組み、テーマと目標を決め身の回りにおける問題点を
  抽出し、対策案を立て実行していく活動です。
   この活動により、生産性や品質の向上はもちろん、従業員一人一人がアイデアを出し、
  実行していくことにより、全員がやりがいや達成感を実感でき、職場の活性化や社員育成に
  つながっています。
   又、年1回全社で活動発表会を開き、優良チームに対して表彰も行っています。

【改善活動】
   三明電子産業では改善提案制度を採用しています。
  これは、普段の業務の中で、不都合や問題点があった場合に会社に改善案を提案でき、
  表彰する制度です。
   この制度により、社内の細かい問題点を解決でき、働きやすい職場環境をつくります。
  改善提案制度を利用する人は社内で多く、従業員約100名に対して年間で600件近い提案
  が立案され、多くの方が表彰されます。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)