株式会社すずまるスズマル

株式会社すずまる

テレビ番組制作/配信
業種 放送
各種ビジネスサービス/芸能・芸術/その他サービス
本社 東京
インターンシップ・1day仕事体験の評価90件~100件
  • 総合評価
  • 4.87 評価点数の画像
  • 評価が高い項目
  • 人事とのやりとり 4.68

先輩社員にインタビュー

第3制作部
K.F
【出身】広報メディア学科 卒
【年収】非公開
堅実なサポート役
これが私の仕事 えふDもマネジメントも日々試行錯誤
今まで報道、スポーツ、語学、料理、トークバラエティなど様々なジャンルの番組を担当してきました。こうしたいろいろな現場で多くの人と関わって仕事をしてきましたが、それと同時に後輩も増え、今は主にマネジャーとして部下たちをマネジメントしています。
それまでも後輩の成長をサポートすることは多かったのですが、マネジャーという役職になって、自分の発する言葉の重みを感じるようになりました。責任の重さです。
面談などを通して意識しているのはお互いの「納得感」。みんなそれぞれ違う人間なので時にはうまく伝わらないこともありますが、最終的には会社の目指すところと個々の目指すところが合わさる部分を探していきたいなと思っています。番組作りとは異なる環境ですが、メンバーと向き合うことも、日々試行錯誤の連続です。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
公開収録だからこそできた親孝行
ある番組の公開収録が私の地元の近くで行われたことがありました。事前に観覧希望のハガキを出し、それを両親にプレゼントしたんです。両親に仕事をしている姿を見られるのは、少し恥ずかしかったですが、息子が現場を仕切り、両親もお客さんと共に楽しんでくれて、親孝行ができました。ちなみに他のスタッフには両親がいることは黙っていたのですが、どアップで撮られていました。笑 この仕事でなければできなかった親孝行です。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 「えふD」という仕事に魅力を感じた!
小さい頃から体を動かすことが大好きでした。中学校から大学まで、陸上一筋!中学時代には200mで日本一になったことも。もともとデスクワークよりもアクティブに体を動かす仕事をしたいと考えていたことと、大学進学後に“マスメディア”を専攻したことがきっかけで、テレビ業界を中心に就職活動を行っていました。すずまるに決めたのは「えふD」という仕事に大変魅力を感じたから。他の制作会社の多くは、“アシスタントディレクター”の募集ばかり。それより入社してすぐに放送現場の最前線で働ける「えふD」がいいと思いました。また、会社の雰囲気や社長の人柄に惹かれたことも決め手の1つでした。
 
これまでのキャリア 制作部ディレクター(現職・今年で16年目)→制作部サブマネジャー(2017年夏から)→制作部マネジャー(2020年夏から)

この仕事のポイント

仕事の中身 冠婚葬祭など、人生の転機を彩るサービスを提供する仕事
仕事のスタイル 何人もの人を動かすリーダーシップが問われる仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 段取り上手な人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

自分の得意なことや楽しいと思うことはどんなことか。
それを存分に面接でアピールしてください!!

株式会社すずまるの先輩社員

世界各国へ放送される

第4制作部
T.N
[指向タイプ]人を巻き込むコーディネーター

報道~バラエティまで!

第3制作部
S.N
経済学部
[指向タイプ]頼りになるオーガナイザー

仕事後のビールは最高!!

第3制作部
M.M
文学部
[指向タイプ]堅実なサポート役

テレビも、ネット配信番組も!

第1制作部
R.K
ネットワーク情報学部
[指向タイプ]人を巻き込むコーディネーター

最近はリモート業務も!

第2制作部
K.Y
経済学部
[指向タイプ]活動的なイノベーター

生放送の送出卓ディレクター

第3制作部
M.S
教育学部 情報科学専攻
[指向タイプ]共創を求めるチームワーカー

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 説明会・イベント予約 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる