日医工株式会社ニチイコウ

日医工株式会社

東京証券取引所市場第一部
  • 株式公開
業種 医薬品
本社 富山、東京
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

開発企画本部 製剤開発部 機能製剤グループ【技術職】
R・Kさん(28歳)
【出身】静岡県立大学 大学院  薬食生命科学総合学府 薬科学専攻 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 製剤の研究職として、医薬品の処方設計を担当しています。
処方設計の仕事とは、製剤中の添加剤配合量や製法及び製造条件を検討し、目標とする品質の製剤を開発する仕事です。その際、薬の効き目はもちろん、安定性、服用性、取り扱い易さ等を総合的に評価します。
業務内容としては、原薬評価、製剤化検討、スケールアップ検討、申請業務等があります。製剤化検討では、特許情報や学術誌等を参考にラボスケール(500g~1kg程度)にて試作検討を実施し、処方及び製法を確立していきます。処方確立後は、パイロットスケール(20kg程度)へのスケールアップ検討(生産スケールの5分の1~10分の1)や治験薬の製造等を経て、申請業務へと移ります。
製剤の開発期間は半年~1年半程度で、スピーディーな開発が求められていますが、先発品以上の品質のものが開発できたときは、とてもやりがいを感じます。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
「前の薬より飲みやすくなった」――その患者さんの言葉が今もやりがいに。
入社一年目で、初めて処方設計した時のことです。
その年の9月にテーマを与えられ、12月には10~20kg単位での試作に入らなければならないという非常にタイトなスケジュールでした。かつOD錠という口の中で溶かして服用する剤形だっため、品質だけでなく味の評価もしなければならず、非常に苦労しました。たくさんの人の協力を得て、2年目の夏に申請、3年目の12月に無事上市。
その後、MRからこのOD錠について、「先発品と比べて匂いや味が良くなり、飲みやすくなった」
という患者さんのお声をいただいたことが本当に嬉しかったです。
この短いスケジュールでの処方設計を早い時期に経験できたことは、私の成長につながったと感じています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 学生時代に学んだ製剤学の知識と英語力を生かしたいと思いました。
学生時代は製剤学を中心に、薬理、物理、臨床など幅広く学んでいました。製剤学を学べる大学は国内でも数校しかなく、学んできた知識を社会に役立てたいと思い、製剤学の研究職を志しました。
医薬品メーカーや化学メーカーを中心に製剤の研究職を募集している会社を探し、当社に出会いました。入社の決め手は、ジェネリック医薬品の需要が国内で大きく伸びている時期であり将来性を感じたこと、会社が進めている海外展開に魅力を感じたことです。
学生時代から英語が好きで勉強しており、いつか海外で働きたいという思いも芽生えていました。当社は社員の語学力向上に積極的で様々なバックアップがあります。私は今年、海外短期語学研修を経験しました。今後も英語の学習を継続し、多様な面で会社に貢献できる存在になっていきたいです。
 
これまでのキャリア 開発企画本部 製剤開発部 機能製剤グループ(現職・入社3年目)

この仕事のポイント

職種系統 応用研究・技術開発
仕事の中身 ヒトの美容や健康を支える仕事
仕事のスタイル 慎重さと正確さが問われる仕事
仕事でかかわる人 子供と接する機会が多い仕事
仕事で身につくもの 客観的に整理・分析する能力が身につく仕事
特に向いている性格 段取り上手な人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

後悔のないよう妥協せず、就職活動に取り組んでほしいと思います。
研究室などがあると忙しく、一社どこかに決まれば終えたくなってしまうかもしれません。しかし、自分が本当に納得できる会社へ就職できることを目標に頑張ってください。

日医工株式会社の先輩社員

製薬メーカーの営業として、製品の情報提供・収集を主に行っています。

東京第一支店【MR職】
M・Kさん
麻布大学 生命環境科学部 食品生命科学科

アジアやヨーロッパへ赴く日々。

信頼性保証本部 品質保証部 対外品質保証G【技術職】
D・Nさん
ソウル大学大学院 自然科学科 化学部

出荷を決める大事な試験。

品質管理本部 富山工場品質管理統括部 品質管理部  製剤試験G 製剤試験二T【技術職】
A・Iさん
昭和薬科大学 薬学部 薬学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる