有限会社 日刊建設工業新聞ニッカンケンセツコウギョウシンブン
業種 新聞
通信
本社 鳥取

先輩社員にインタビュー

報道部
井山記者(27歳)
【出身】筑波大学  人文・文化学群 人文学類 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 建設業専門の記者。県内の建設情報を聞き留め記事に起こし、紙面で広報
鳥取県西部地区の建設関係情報を集め、発信する仕事です。建設業の仕事は、行政などが工事や委託業務を発注し、それを業者が受注する事で成り立っています。多くは競争入札となっており、選ばれるのは1社のみ。業者としては、より魅力的な仕事を落札したいと常に考えています。どのような仕事がいつ頃発注されるのか、現在どのような事業が計画・進行中なのか把握する事は、会社を経営する上で必要不可欠です。こうした情報をいち早くキャッチし、新聞に載せて広く報せる。それが私達の職務です。
「県土をより良く、住み易いものにする」行政も業界も目指す処は同じですが、それぞれの立場があり、時に意見が対立することもあります。私達は両者に歩み寄り、業界活動に第三者的な目線で関わる仕事。いわば業界の「橋渡し」を果たす仕事でもあります。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
先端技術の活用事例を広報し、社長さんに喜んでいただけた
様々な企業を渡り歩き、顧客である社長さん達と直接関わる仕事。求める情報を与えるだけでなく、社長さんが多くの人に伝えたい情報を発信することもまた、記者の役目です。
以前、とある珍しい技術を日本で初採用した道路工事があり、施工した業者さんから是非記事にしてほしいと依頼を受けました。そこで、工事に携わった方々に取材して工夫点や苦労話などを具に聞き取るのは勿論。その工法の特徴や業界の今後にいかに貢献できるかなどについても、自分なりにしっかり調べあげ記事に纏めました。社長さんには大変喜んで頂き、一層親密になる事が出来ました。「良いPRになるよ」と笑う社長さんの顔を、たまに思い出しては励みにしています。頑張って書いた記事が実際に紙面を飾った時。それを喜んで頂けた時は、正しく記者冥利に尽きる思いがします。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 自分の強みが生かせる、やりがいのある仕事だと感じた
これまでの就労経験で培った強みを活かせるかどうかを軸にして就職活動中を進めました。私の場合それは「顧客と積極的に交流し、そのニーズを汲み取る力」。建設業については全くの素人でしたが、人と触れ合って情報を集め、記事を作るという新聞社(記者)の仕事には大変魅力を感じました。実は、応募した時は「記者職」の募集が見つからなかったため、別の職種で面接を受けました。しかし、自己PRする中で社長や幹部の方々からむしろ記者に適正があると認めて頂き、その場で記者職を薦めて頂きました。勿論すぐに快諾しましたが、こうした会社としての柔軟な姿勢にも大変好感を覚えました。その際「情報」を得る事が建設業にとってどれだけ大事か、それを担う記者職の重要性について教えて頂き、改めて素晴らしい仕事だと感じて入社を決意しました。
 
これまでのキャリア 前職:葬祭業(1年間)→学芸員(1年)→当社へ転職:記者職(現職・今年で4年目)

この仕事のポイント

職種系統 記者・ライター
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 自分の仕事を自分で決めていく仕事
仕事でかかわる人 経営者と接する仕事
仕事で身につくもの 業界やその道で有名な人とのコネクションができる仕事
特に向いている性格 何事にも粘り強さで勝負する人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

自分の専攻ならこの職種だろう、経験を活かせるのはこの道しかない、など、会社選びの際に特定業種に拘泥し過ぎないことをお勧めします。自分の強みがどのような分野で発揮できるのかについては、社会に出てみないとわからないことも多いのです。はじめに候補を絞り過ぎた状態で就職活動を進めてしまうと、折角の適性ある仕事、天職ともいえる仕事を見失うことにもなりかねません。まずは自分の強みと弱みは何なのか、しっかりと自己・他己分析して把握することが大切です。

有限会社 日刊建設工業新聞の先輩社員

鳥取県内の建設業界の動向を発信。官公庁などを取材し、記事を執筆する。

報道部
宮家記者
関西学院大学 法学部法律学科

各出先機関へ建設関係の情報を取材し、発信する。

報道部
前田記者
尾道市立大学 経済情報学部

建設業界を取材し素早く情報発信。ホームページ更新も担当。

報道部
西山記者
岡山大学 経済学部

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる